初めてのお留守番


ある日の夕方「エッセルンガいくよ~」(スーパー)
というと、
「かりないかんも~ん」と。

はい、でました。反抗期。近頃はママの言う事にはだいたい反抗します。
ママ「カリナいかんならごはん食べられんよ~冷蔵庫空っぽやもん。」
かりな「だってかりないかないんだもん。」
ママ「じゃあたまご買ってあげるきん行こう。(かりなの大好物はたまごかけごはん)」
かりな「行かない!行かない!ぜ~たい!いかない。かりなねむたいし」
ママ「じゃあお留守番するかい?」
かりな「うん、ママだけいってきて」
ママ「よ~し!いいんやね。本当にいくばい。」
かりな「いいよ、かりなお絵かきしよくきん」

・・・


本当にいってみようか。


もう4歳だし、できるかもよ。


でも、1人残して大丈夫かな~


すぐ帰ってくるけん、行ってみますか。

「かりな、絶対ドア開けたらだめばい!!ママが帰ってくるまであけんでよ!」
「わかった。いってきて~」

全然大丈夫な様子。

よし!行くぞ!

カギをかけて出発です。

5分後

やっぱり戻ってきました。
窓から中をのぞくと何も見えません。
ベルを鳴らしてみよう。

ブーブー

カリナ「キエ?」(誰?)

わざと何も言わないまま待ってること数分。
もう一度慣らしてみる。

「キエ?」

何も答えないでいるママ(絶対あけるんじゃなぞ~!)心の声

うん、開けずにいるな。よしよし。

次にノックをしつっこくしてみたら、結構強気な声で「キエ?」ときたので、

ママよ~開けて~

と言ったら「それがあかんのよ」と、かりな。

なんだ、2重でかぎ掛けたら中からは開けれないのか。
だったら安心。

ってか、開けようとしていたのだな。
かりな「ママ~はやかったね~」
ママ「かりなが心配きん帰ってきたよ。一緒に行こう!」
かりな「やだって~かりなおるすばんしちょく!いってきて」
ママ「本当にいいんやね。いってくるよ!」
いってきて~

本当に、もう行きます。

窓からちょっと覗いたら案の定お菓子を探ってます。そして、パソコンはyoutubeで鬼太郎にセット。

。。。

楽しんでるな

もう行くぞ~!

そして、チャリをかっ飛ばし目的地に到着。さっさとお買い物をして、長い列に並ぶ。
あ~もうドッキドキ!泣きよるかな~

なんでこんなに列がながいんじゃ~!

とその時、知り合いに会い、訳を話して、並んでいたその人の前に入れさせてもらって、お買い物終了。
慌てる慌てる。
何度も車にクラクションを鳴らされ、敷かれそうになりながらも家に一直線!
心臓が止まりそうなくらいドキドキ!ハラハラ!ゼーゼー

そして家につきました。


ブザーを鳴らさずに入ってみると、








パソコンの前でうつ伏せになって寝てました。

ホッ

そしてきっとパパであろうお絵かきをして、なぜかパジャマにお着替えをして寝てます。そしてお菓子を食べた形跡はナシ。
えらいぞ~

お~初めてのお留守番は成功か!
と思いきや、
カリナを抱っこした瞬間目を覚まして「ママ~!」と大泣き。
少しの間泣いてママから離れませんでしたが、また寝てしまいました。本当に眠かったんだね。

やっぱり寂しかったか。

そうだよね。

でも、よくがんばりました。

次回はあるのかしら?もう嫌になったのか?

起きたら聞いてみよう。
d0236863_0485090.jpg

d0236863_0495232.jpg
[PR]

by il-gelato | 2012-04-25 00:53 | firenzeでの生活  

<< venezia  三者面談にむけて >>