ロンドン

  2011.12.19

  やっと待ちに待ったこの日がやってきました。
クリスマス休暇にどこに行こうか、いろいろ悩んだ結果、ロンドンでアフタヌーンティーがしたい!!というママの要望にお答えしていざ、出発!

と、思ったら、これまたすんなり行かないのが梶原家でございます。

まずバタバタその1.前日の夜、空港から市内までのバスの予約をしないといけないのでは?と、急に思い立ち、焦ってネットで予約しようと思っても、プリンターがない・・・。
知り合いに聞いてみても、壊れてたり、留守だったりで、結局予約しないまま・・・行けるのか、行けないのか。

バタバタその2。 ポンドの現金を持ってないと不安なので、前々からどこで換金するのが率がよいのかパパに聞いといて!って言ってたのに、当日の朝郵便局に行って来る~!と出かけ、まさかのストライキ。チェントロの郵便局は残念ながら、営業途中で、きっぱりこれからショーペロー(スト)です。と、パパの目の前でシャッターが閉まる。
なので、最寄の小さなポスタに行くと運よく開いていたが、換金はできずに、口座に€を入れてきただけ。
ポンド全然なくっても行けるのか、行けないのか。

これらの不安材料を抱えたまま、たくさんのバックを持って出発です。なぜ、スーツケースで行かないのかって??それは、飛行機代をケチったからです。
格安航空会社 ryanairでは、スーツケース1つにつき15€くらいかかります。でも、手荷物&小さなスーツケースはタダ。なので、かりなのぷーさんのスーツケースに、ボストンバック、バックパッカーなみのリュックで行きます。
これがこの旅最大の失敗に繋がろうとは、この時は夢にも思っていませんでした・・・。

さて、S.M.N駅からピサに向かいます。片道1人5.9€ライアンはピサ空港からの出発です。

pisa 18:50 発  スタンステッド20:10着  ちなみに大人2人子ども1人で519€ 53,000円これが1日待ったをかけたばっかりに、100€値上がりしてたんですよ~!悔しかった・・・。チェックインもすべてネットで自分でしなくてはいけないけれど、クリスマスに3人で往復500€なら安いでしょ。

ピサ空港では珍しく早めに着いたので、のんびりゲートをくぐったら、なんとそこには前日から、予約ができずに不安だった空港から市内までのバスチケットを売っているブースがとってもわかりやすくあるではありませんか!!!

なんて、ラッキー!ネット予約しなくても、空港で買えますよ。しかも、ユーロで。
terravision stansted airport-riverpool または victoriaまでをつなぎます。
大人片道9£ 往復15£  子ども5歳~12歳片道4£ 往復7£

往復切符を買ってこれで一安心です。
そして、やはりここで、換金です。空港内は率が悪いけど、ロンドンに着いてから替えるよりはましでしょう。
100ユーロが65ポンドになりました。

それでは1時間20分の空の旅に出発。うっかり落とし穴はライアンは座席指定ではないので、早い者勝ち。私たちみたいな家族連れは無駄にのんびり行ってたら、3人バラバラで座らされるはめに、そう、シチリアからの帰りは知らなかったので、そうでした。けれど、今回はささっと行動しましたよ。ママが!!

無事にみんな横並びに座れました。さあ、そろそろ着く頃かな?と思いきや、まだ機内販売のCAさんがウロウロ。なんとな~くお腹すいたけど、もう着くから我慢。我慢。けれども20分、30分過ぎてもつく気配がなく、空の上の方を飛んでいます。おかしいな~おかしいな~アナウンスも何も言わないしな~。

そこでやっとわかりました。往路は1時間20分。でも、復路は3時間20分の訳が。違う空路を飛ぶのかくらいに思っていたけど、何と、時差があったんですね~1時間。パリも、スペインも時差がないのに、ロンドンにはある。思ってもみませんでした。だったら、余計にお腹がすいてきて、パニーノを買おうとしたら、
「さっき回ってたときに言ってよ~」とCAにキレられました。温かいのがいいっていったのに、冷たいし。

まあ、そんなこんなで無事STNに着きました。
EU加盟国以外は入国カードに記入して、 All other のブースから入国審査のカウンターに行きます。
さあ、ここからは日本語もイタリア語もつうじませんよ~!
早速「なにしにきたの?」的な事を聞かれましたよ。
パパ、がんばって~(ママ心の声)
パパ「と、トラブル」
係りのおばちゃん「・・・・。」
パパ~やっちゃったよ~、しょっぱなトラブルですか~!?トラベルって言いたかったんやね(笑)
やさしいおばちゃんは「holiday」と言ってくれて通してくれました。ロンドンは結構厳しいって有名なのに、子どもがいるとこんな時に役立ちます。

そしてterravisionの乗り場をさがします。空港内にterravisionのブースがあり、教えてくれます。空港を-出たらバス乗り場がずら~とあってたしか14,15番だったかな。乗り場には寒くないように屋内で待てる場所があり、caffeもあります。入国カードでもたついてしまったので1時間待ちです。バスは20時までは30分ごと、それ以降は1時間ごとにあります。早速英語でhotmilkteapleaseと言ってみましたが、伝わりません。今回の旅で、何度言ったことでしょう。結局1度も1回で伝わりませんでしたね~

victoriaまでは1時間10分。のはずがちょっと送れて、victoria駅についたのは23時20分。もちろんかりなは寝てます。かなり重たいです。プラス手荷物。ううう~
でも、ここで切符を買わなければ、ホテルに行けないのですが、ロンドンは物価が高いのも有名。
いろいろ調べた結果、オイスターカード(oyster card)チャージ式のプリペイドカード。が便利で1日何度でも乗り降り自由で、5,10£以上はかからないし、1回が1.50£で乗れます。カードなしなら1回4£なので、かなり高いです。
駅の窓口で「オイスターカード10£分を2枚下さい」が通じない、通じない。5ポンドのデポジットがかかるのですが、結局デポジットも入れての10£分を買いました。
英語って難しい~

victoriaからpaddingtonまで地下鉄で移動します。ロンドンは地下鉄がとっても分かりやすく色分けされているので、初めてでも間違えずに行けました。
ホテルは駅の近くだったので、重たいかりなと荷物でしたが、何とか生きてたどり着けました。

もう夜中の0時半です。お腹もすきました。
部屋に案内されて
「ガ~ン!!!!バスタブがない!バスタブがあるけんこのホテルにしたのに~!」
パパに即効TELしてもらいます。「今日は遅いから明日違う部屋に案内します。」
と言われ、本当にショックでした。寒い中湯船につかる事だけを楽しみにがんばって歩いたのに~も~

パパはあっさり「しかたないね」と。リクエストまでしとったのに~たった4泊しかないのに、1回減ったやん。
ママがブーブー言ってる間に、パパは夜食を買いにでかけます。
ロンドンで初めて食したものは kebabuでした。

pisa空港でやっぱりパタティーネを食べながら待ってるカリナ
d0236863_7305114.jpg




ロンドン2日目につづく。
[PR]

by il-gelato | 2012-03-02 07:43 |  

<< ロンドン 2日目 bologna >>