<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

結婚記念日

7年目の結婚記念日を迎えたこの日(厳密には1日前)
かりなが幼稚園に行っている間に、昼間はデートを楽しみ夜はホテルの最上階でのディナー

なんとも幸せな1日でした。

感謝。感謝。

行ったのはwestin というホテルの中の6階(最上階といっても6階というのがフィレンツェらしいでしょ)
restaurant se.sto

レストランからの眺め
d0236863_9521039.jpg


ドゥオーモ側
d0236863_9531068.jpg

コースはないのでアラカルトでオーダーです。

メニューはこんな感じ。
d0236863_86558.jpg

d0236863_875912.jpg

d0236863_853596.jpg

d0236863_885829.jpg


やはりいろいろ食べたいね~という事で、アンティーからドルチェまで頂きます。

まずはスプマンテで乾杯!
かりなのお手てが~
d0236863_9355542.jpg

まいっか。
日本でいうつきだしのようなもの
d0236863_937651.jpg

かりなにもちゃんと1皿用意してくれましたよ。しかも後で見たらコペルト代は入ってませんでした!!つまりタダ!
d0236863_9582661.jpg



パンは少なくなると新しいものを持ってきてくれます。くどいようですが、これもタダ。
d0236863_9544470.jpg


antipasti
まぐろのタルタル
d0236863_9392068.jpg

ズッキーニのベルッタ-タ
d0236863_9412184.jpg


primo piatti
カリナ用 じゃがいものニョッキ
d0236863_9422086.jpg

ストラッチというパスタ ホロホロ鳥のラグー黒トリゥフとペコリーノチーズ
d0236863_9444059.jpg

ピチ たらのトリッパのソース
d0236863_9455234.jpg

かりなは自分のお皿とフォカッチャを4つほど頂いてこの辺でおやすみなさい。
あとは大人だけでゆっくり優雅な時間を過ごせてよい思い出になりました。

私たちの席の正面には何かの教会がライトアップされてて、雰囲気がとっても良かったです。
d0236863_10191251.jpg


second
子牛のステーキ しょうが風味  この子牛がすっごく柔らかくてかりなが起きてたら喜んで食べただろうな~
d0236863_9471235.jpg


カンパチのソテー と海草サラダ そら豆のソース
d0236863_948161.jpg


dolci

creme brulee これにもしょうががアクセントになってました。
d0236863_9492540.jpg


パッションフルーツのセミフレッド とマンゴーのサラダ キュウリいり 
d0236863_9502917.jpg


d0236863_9573038.jpg

この紅茶 しょうがが入っていましたよ。
d0236863_1027562.jpg
d0236863_9594265.jpg


カメリーレたちもスペシャリストと言った感じで機敏な動きと、日本みたいな親切さ、細やかさがあって勉強になりました。一度席に案内されて腰かけたあとでも「もしよかったらテラスにも案内できますよ」と言ってくれたり、子どもにも何度もやさしく声かけしてくれたり、悪い印象は何もなかったな~
平日でも8割がたお客様が入っていて、かなり席数がありましたよ。テラスを入れれば100はあるかな。

ランチは28€でもちろんテラスで食べれるし、とってもいいと思いますよ。


the westin excelsior
6F restaurant se・sto
piazza ognissanti 3.firenze
39 05527151
westin.com/excelsiorflorence
[PR]

by il-gelato | 2012-05-31 19:47 | firenzeでの生活  

antico ristoro di cambi

日本からお友達が来てくれていたので最後の夜は、トスカーナのお料理を食べてもらおうと駅の近くのリストロに行ってきました。

その日リボルノに行っていた帰り、駅から家までの間にあるので思いついたのですが・・(笑)

トスカーナとは私たちの住んでいるフィレンツェのある州です。

お店は平日だというのに大盛況。私たちがいる間に2回転しましたよ。

メニューはこんな具合
d0236863_19492490.jpg
d0236863_1952091.jpg
d0236863_19543471.jpg
d0236863_1956838.jpg


Lardo di colonnata e pomodori sott'olio コロンナータ地方の 豚の背脂を大理石で熟成させたもの。
d0236863_19572237.jpg


antipasto misto del banco  トスカーナのハムとショーケースに入ってた前菜たち。
d0236863_19583477.jpg


ラルド(脂身)が大好物な4歳児
d0236863_19593832.jpg


pecorino e baccelli  ひつじのチーズとそら豆  そら豆は生で食べます。ペコリーノとの相性がいいらしく一緒にいただきます。そら豆が甘いんですよ~
d0236863_2005445.jpg

d0236863_2024824.jpg


pappa al pomodoro  パン粥のトマト味なようなもの。離乳食などでも使うらしい。でも、このお店のはなぜは辛い。
d0236863_207550.jpg


tagliatelle ai cinghiale  いのししの肉のタリアテッレ
d0236863_20102815.jpg


Ribollita リボリーた  野菜とパンを煮込んだスープ
d0236863_2012411.jpg


bietecca alla fiorentina 1.2kg Tボーンステーキ(ロースとひれが味わえます)
d0236863_20134592.jpg

すごいレアでしょ~そしてこの厚み。日本みたいにソースはなく、塩コショウ、オリーブオイルでいただきます。炭火で焼くのでいい香り~
d0236863_20151633.jpg
d0236863_20171785.jpg
d0236863_20185240.jpg
d0236863_20232776.jpg



antico ristro di cambi

Via S. Onofrio 1r 50123 Firenze, イタリア
055 217134
日曜 休み
12:00~14:30  18:00~22:30
[PR]

by il-gelato | 2012-05-25 20:25 |  

venezia 

日本からお友達が遊びに来てくれたのでベネツィアに旅行にいってきました。
フィレンツェから特急電車で2時間。ネットでminiというチケットで半額で買えちゃいました!ラッキー

10時発なのに9時には家をでます。
朝マックが行列だったとしても焦りません!
駅に10分前に着くという余裕さ!なんてすばらしい。しかもチケットももう買ってあるし~時間に余裕があるってス・テ・キ!

車内にはテーブルもあってお絵かきしたり、お菓子食べたり快適に過ごせます。トイレだってキレイです。
d0236863_19541985.jpg


あっという間にベネツィアに到着。駅の前にはもう運河が見えますよ。あいにくの雨ですが、カッパも傘もあるもんね~準備万端です!
さっそく地図を購入して、お昼ご飯のトラットリアに向かいます。

ベネツィアの移動手段はバポレットという水上バスが便利です。
一回6.5€で60分間  12時間で16€  24時間で18€  36時間で23€です。
バポレット
d0236863_2001473.jpg

d0236863_20162688.jpg


向かうはリアルト橋
多くの観光客で賑わっています。
d0236863_2014812.jpg

トラットリアはこの橋のすぐ近くのはず。小道ばかりのベネツィアは必ず迷子になるでしょう。
私たちもさっそく迷子??
でも、地図と、道の名前を見比べてなんとか着きました。本当に橋のすぐ近くでした。な~んだ。

魚介のリゾット
d0236863_20195736.jpg

名物クモガニのサラダ
d0236863_20243944.jpg

ベネツィアといえばコレ  イカ墨のスパゲッティー
でも、麺が細かったし、サラサラソースでした。
d0236863_20262320.jpg

スパゲッティーボンゴレ
d0236863_20273770.jpg

イカとエビのフリット  このイカがすっごく柔らかくっておいしかった~「コレおいしいじゃん!かりなイカすきになった!」byカリナ
d0236863_20285177.jpg

店内の様子
観光客がとっても多いんだろうな~すっごく広い店内で、日本語メニューもありますよ。
d0236863_20304063.jpg


伝統あるベネツィア料理専門のトラットリアで、イタリア語や英語のできる方は並んである魚をみて、料理の注文もできるそうです。
そして、サービスがとっても良かった!カリナ用のリゾットをママが一口ちょうだ~い!ってもらってるのを見てサービスで少し出してくれたんですよ。
じゃあ、作りおきしてるのかい?ってつっ込み入れたくなった方はこのお店は向いてないかも。確かに上級者向けではないけれど、私たち一般人には量も、味も、お値段も大満足でした。
だって、パスタは10€とかで食べれるし、量がとっても多い!
かにのサラダは本当においしかったし、カメリエーレのおじちゃんたちも愛想がよい!
うん。うん。いいトラットリアでした。

カーネルおじさん似のカメリーレのおじちゃん。
d0236863_20375078.jpg



torattoria alla madonna
calle della madonna594 TEl041-5223824 休み水曜

お腹いっぱいになったら今度は観光です。

リアルト橋にはたくさんのお店が並んでいてベネツィアングラスも売っていますよ。小さなショットグラスなら8€~ありました。おみやげにいいですね。
かりなはお面で遊んでましたが・・・
d0236863_20435593.jpg

リアルト橋からは歩いてサンマルコ広場に向かいます。
サンマルコまではあちらこちらに目印があるので、迷わずに行けました。徒歩15分くらい。

piazza sanmarco
広場の正面にはサンマルコ寺院があります basilica di san marco
d0236863_2046258.jpg

鐘楼 campanile 高さ96.8M(フィレンツェのク-ポラと同じくらい)エレベーター6€で頂上まで昇れて町と運河を見渡せるそうです。
d0236863_20493487.jpg


そして、ベネツィアといえばゴンドラ~
お値段一艘150€。これはcanal grandeカナル・グランデという大運河まで乗せてくれる場合で、そうでなく小さな運河だけを乗せてくれるものは100€くらい。事前に値段交渉をする。
とはいうものの、やっぱり高いな~6人までは同じ値段らしいので、一緒に乗ってくれる人をちょっと探してみましょう。
けれど、ツアーばかりでなかなかいないな。
仕方がない。100€で手をうちましょう。
乗り場はいたるところにありますよ。
ゴンドリエーレのおじちゃんが愉快に歌を披露してくれちゃって、気分もサイコー。いつのまにかお天気もよくなってるし、かりなもご機嫌だし、お友達も喜んでくれてるし、来てよかった~!!
d0236863_2143924.jpg

d0236863_619260.jpg

溜息の橋   牢獄に繋がっていて、この橋を渡ると2度とこの世に戻って来られないといわれ、この橋の小窓から溜息をついたという逸話が残っているそう。
d0236863_6221726.jpg


楽しいゴンドラも30分くらいで終了。

本当いい気持ちでした。

つぎは1720年創業の歴史あるカフェに行ってみます。
ゲーテやカサノヴァが常連だったそうです。
外で開放的に楽団の音楽を聴きながらのんびりするのもいいけれど、内装がステキだったので、ソファーでゆっくりくつろぐことにしました。
店内
d0236863_633126.jpg

フルーツのタルト   13€(1500円くらい)
d0236863_6342827.jpg

チョコレートのパフェ  15€
d0236863_6354061.jpg

これはかなりの贅沢でしたが、ベネチィアに来たら行ってみたかったというお友達のリクエストにお答えして。そしてかりなが食べたいといって頼んだパフェは食べれずに、最後まで寝てるっていうなんとも残念な子。
もちろんママが全部頂きました。
d0236863_6371854.jpg


ここで時計は5時を過ぎていたので、そろそろお買い物をして帰る事を頭に入れとかないと~
かりなは寝てるのでおんぶです。
行きたかったベネツィアングラスのお店がなかなか見つからず、ちょっとした迷子に。。。
ならばもう諦めて他のお店を当たります。
サンマルコ広場からリアルト橋周辺にはたくさんの商店街がお手ごろ価格でありました。
私もお土産を買いたいな~と見ていたらかりながやっと起きてくれ「ママ~トイレ~」と。
仕方ない。お友達を残し、トイレをさがします。迷子にならないように必死です!
トイレを済ませもとの道を戻っていくと鐘の音が。。。さっき5時だったけん、6時か。

と、思ったのがこの旅の最高にして最悪の出来事の始まりでした。
お友達のところに戻りそこからフラフラウインドーショッピングをしながらサンマルコ広場に向かいます。

時間に余裕を持ってバポレットに乗って駅に向かうはずでした!
ところが、ところが、パソコンをうつこの手が今もナオ震えるほどの恐怖がこの後起こるとは・・・・

ちょいとかりながわがままを言ってみたり、写真をとりながらのんびり歩いていて、バポレット乗り場に到着。2番が少し離れていたのも今となってはおかしな出来事で・・・

乗ろうとしたら目の前でバスが行ってしまい、次のを待つこと5分。
降りる場所を確認したら名前が載ってない。。係りのお姉さんに駅に行きますか?と尋ねると行くよ。というので、合ってるんだと思って時間を見てみると6時45分
??
アレ??
アレ?アレ?あれ~~~~^~
嘘でしょ、嘘でしょ、何で45分なん?さっき6時やったやろ??15分じゃないの~??
一気に血の気が引いた。
そして、気が遠くなった。。
立ってられなくなり頭が真っ白に。

本当にこんな事ってあるんだね~小説やドラマの中だけでなく、実際にこの身に起こるとは。。。
神様助けて~

だ、だ、だ、大丈夫。30分かかったとしてもギリ間に合うもん。電車は19時27分発だから。落ち着け~落ち着け~
ささささ、バスがやってきましたよ。
みなさんさっさと乗ってくださいよ。も~ドッキドッキです。今もまたドキドキしてきました。
はい、出発!いそげ~

。。。


。。。。。



。。。。。。。。。。。。



どうした?何が起きてる??





そっちじゃな~~~~~~~^い!!




まさか、まさか、こんなときにまさかの逆送~~!!



嘘でしょ。嘘だと言って~


「ちょっとお兄さん、私たち駅に行きたいんだけど。」

係りのおにいさん「いくよ」
私「よかった~何分で?」
お兄さん「15分」

な~んだ、よかった~余裕じゃん。

でも地図をみると明らかに大回りしてるんだけど・・・
15分??45分?15分?45?15?45?
ぎゃーギャーギャー45分って言ったかも~
「あの。何分って言いました??」
「45分」



「すすすすすすすすうすすすみません。わたしたち6時半の電車に乗らなくてはフィレンツェに帰れないのです。」
兄「はあ?何言ってんの?もう7時すぎてるよ~無理やろ。」
私「あああ6時ではなく7時27分でした。」
兄「無理だね。間に合わないよ。」

私「そんな~だったら下ろして、また逆送しますから~」
兄「いいから危ないからのっとけ。」
そんな~嘘でしょ。間に合わせてくれるのかい?
神様~!助けて~!

この間の40分の長いこと、長い事、神様にずっとお祈りしながら、1分、1秒無駄にできないこの間、あたふたあたふたうろたえて、お友達は大丈夫!大丈夫!とかりなの面倒を見てくれて。も~生きた心地はしませんでした。
写真も1枚もとれないまま。
間に合うのか、間に合わないのか。どっちだ~

駅の1つ前の停留所で、まさかの5分待ち。
私「走った方がいいですか?」
兄「のっときな」
マジ?そればっかやん!!も~
この5分がまた長い事長い事。早く出発して~~

只今25分あと2分。


駅に着きました!

だっしゅ~=








はあはあはあはあ







ない。いない。

電車はなし。


時計の針は30分をさしてます。

私「もうフィレンツェ行きの電車は行っちゃいましたか?」
係りの人「いったよ」




どどどどどどおどどっどおどどおどおどどーしよ~


間に合わなかった。。たった3分。間に合わなかった・・・

私たちどうすれば?
係「明日までないよ」
「。。。」

19時台が最終です。そんな早くに終わらんでも~
係「ボローニャまでならあるよ」
私「そのあとは?」
係「ないよ」
私「バスは?」
係「知らない。タクシーがあるんじゃない?」
タクシーってフィレンツェまで電車で1時間くらいかかるのをタクシーで帰れと??鬼~

係「とりあえずビリエッテリアに行きなさい」

とぼとぼとぼ

もうなにが何だかわかりません。。。イタリア語ももう遠くから聞こえる
私の頭の中がキャパオーバーだと言ってる気がする。

でも、小さなわが子も、見知らぬ土地で不安気な友達も、私が守ってやらねば!!

私「乗り遅れましたが、どうしたらいいのでしょう」
係「どうしたいの?」
私「ボローニャまでビリエット(切符)ください」
係「あしたの朝8時に電車がでるからそれに乗れば帰れるよ」
私「いえ、ボローニャまでください」
係「・・・。。。。・・・・。。。・・・・。。。・・。・。。・・。・・。・・。・・。・」
何をおっしゃっているのかわかりません。

もう泣きたい。

そうだ、お友達に電話しよう!
困った時はちえさんだ!(とっても頼りになる心強いお方)
そしてちえさんと係りの人に話してもらって何とかボローニャまでのビリエットを買い、使う事のできなかったはじめのビリエットは20%は戻ってくると言ってたらしいのですが、さすがイタリア、ネットも、電話もメールもダメ。今でも返信はございません。でも、そんな事もう大したことではありません。80€くらいふふ~んだ。
ボローニャまで2時間

長い。

これまた長いぞ~

ボローニャからフィレンツェまでの電車あるのだろうか??

お友達への罪悪感といったら半端ないですよ。何度謝っても足りません。
どうして、こんな事に。

あの時すぐに逆送してたら?
いや、乗り場を間違わなかったら?
いやいや、のんきに写真を撮らなければ?
いや、いや、いや、時間の確認をしていれば?

も~後悔してもしてもし足りません。後から考えるとあーしとけばよかった!と思うことばかりで。

ボローニャに着いてやはりフィレンツェまでの電車はなく始発が朝の5時なので、それで帰ることにしました。もうビリエットも買っときます。

日曜日の22時はガラ~ンとしていて寂しげなボローニャ。
駅のマックの光が勇気づけてくれます。

かりなは大好きなポテトを食べれて嬉しそう。
ママは食欲なんて全くありません。

さあ、ホテル探しです。

それにしても暗いなあ。寂しいな。アーケードもポツンポツンとしか人がいません。
ちょっと怖いな
何人かの人に聞いてみても、高いホテルしかないよ~って言われ、もういいや。と思っていたまさに
そんな時に天使の声が!!
心配したちえさんがホテルを探して教えてくれました。
まさに天使!神様!仏様!ちえさま~!
うろうろ歩いて怖い思いをさせちゃってごめんね~
駅のすぐ近くで探してくれました。

このホテルがなかなかいい3つ星ホテルで、たった4~5時間の滞在がもったいないほど。朝食もビュフェでおいしそ~でした(こんな事考えれるようになったって事は少し落ち着いてきたな私)

お部屋はとってもキレイ。バスタブはなかったけれど、すごく落ち着いて疲れがとれちゃいました。
本当にちえさんありがとう!
そして、お友達も不安にさせてごめんね~
カリナもポテトでつってごめんね~

明日の朝は4時起きです。

あっ2時半にTELで起こされました。パパに。

「ママ~今ボローニャかい?楽しんでね~」

なんてポジティブな人なんでしょう。
d0236863_841677.jpg

d0236863_853271.jpg

帰りの電車は寝台のようなものでまあまあ落ち着いて寝れました。
d0236863_871996.jpg



旅にトラブルはつきものですが、どうしていつもこのような結果になるのでしょう?
そして後悔して、次こそはと決意し、また何かやらかすんですよね。

それでもまた旅行したいなと思うのは何なんだろ??

家に帰ってホッとする。
この小さな家でも愛着のある我が家ってことか。


あやこごめんね~!(実はローマですられた時も一緒にいて散々迷惑をかけてしまった1人がこの子です)
ちえさん本当にありがとう!

かりなお菓子いっぱい食べれてよかったね。

イタリア語勉強しとけばよかったな~
[PR]

by il-gelato | 2012-05-14 21:17 |