<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ino おいしいパニーノやさん


今日はウフィッツィー美術館の近くにあるおいしいパニーノやさん  INO
に行ってきました。

メニューはたっくさんあって5ユーロからだったかな。
その他にも、ハム、チーズ、お野菜を好きなように組み合わせてもらえます。

パパはウンドゥイヤ(南イタリアの辛いサラミ)、ゴルゴンゾーラ、モルタデッラ
d0236863_5354034.jpg


このとろけた感じがなんともおいしそうでしょ~辛いのがお好きな方は挑戦してみてね。
ママはサラメローザと、クレーマディパルミジャーノ(パルミジャーノのクリーム)と、カルチョフィーのオイル漬け
d0236863_5374032.jpg


クリームが滑らかですっごくマッチしておいしかった~
もちろんワインもありますよ~
d0236863_5473319.jpg


そして、この日出会えたヒットはコレ
fegato di baccala たらの内臓  日本で言うアンキモにそっくりなお味です
d0236863_5494638.jpg

日本酒、または焼酎と、ふぐ刺しと一緒に頂きたくなるそのお味。あまりにおいしくて喧嘩しながら食べました。
昼間っからお酒が進みますなあ。
d0236863_5541036.jpg

1缶5ユーロで、その場で1缶食べて、家にも1缶買って帰りました。

こちらのパニーノやさん、ちなみにベジタリアン用もあるし、お肉が苦手な方はツナもありますよ。

そして、お土産などにもよさそうな、今日のパルミジャーノのクリームや、カルチョフィーのオイル漬けなどもココで買えます。
d0236863_557996.jpg


こちらのパニーノの中身はここで買えるというわけです。

比較的月曜日は空いてるようですが、人気店なので、13時を過ぎると込むようです。できるだけ12時台に行けるといいですね。

ino in via dei Georgofili 3r~7r
11時~17時  TeL 055219208
[PR]

by il-gelato | 2012-03-30 06:15 |  

トラットリア pandemonio

この日は仲良し家族の仲川家のみなさまと夕食にでかけました。

行ったのはtrattoria pandemonio

piazza tassoのすぐ近くです。

ここはパパがフィレンツェで学生してた頃1番初めに研修をさせてもらったところで、日本のシェフもいますよ。マンマもいい方で、お腹が空いたらいつでも食べにおいで。と言ってくれたそうで、その当時パパは10キロも太ったのでした。

ここでのおススメは前菜のパンデモニオスペシャル  
人数が多いといろいろな物が食べれて嬉しいですね

antipasto pandemonio
frittata alle zucchine ズッキーニのオムレツ
d0236863_538567.jpg

gratine di cavolofiore カリフラワーのグラタン
d0236863_603174.jpg

peperone marinate パプリカのマリネ
d0236863_615687.jpg

cipolle caramellate 小玉ねぎのカラメル
d0236863_63421.jpg

couscous con verdure お野菜のクスクス
d0236863_665380.jpg

farro e salscicca 麦とソーセージ
d0236863_683161.jpg



プリモは1人1皿ずつ頼んでみんなでわけわけ。
絶対食べなきゃ損。カラスミのスパゲティー
カラスミの量がものすごい!20€も納得です。
spaghetti alla bottarga
d0236863_5411672.jpg

sugo della mamma マンマのミートソース
d0236863_6135366.jpg

魚介類全くダメなかりながこのエビのリゾットがおいしい~!とモリモリ食べれました!だって、エビのエキスはタップリでもエビが入ってないんだもん。でも、その日からエビを食べたがるようになりました!!ありがとう!!パンデモーニオ♪
risotto alla crema di scampi 手長エビのクリームリゾット
d0236863_6154718.jpg

linguine con le cozze e pesto di cavolonero ムール貝のリングイネ
d0236863_6185180.jpg

セコンドはお腹の具合を見ながら結局2皿頼みました。
polpette di lesso 白いんげんと茹で肉をトマトソースで煮込んだもの
d0236863_544226.jpg

agnello stufato con i piselli 羊とグリーンピースの煮込み
d0236863_6224195.jpg

お腹いっぱいになってもドルツェはもちろんいただきます。
何かの雑誌で、「世界で1番おいしいチーズケーキの1つ」と賞賛されたtorta di formaggio
d0236863_6241659.jpg

私のように生クリーム大好きな方は絶対おいしいって、思うでしょう。とっても濃厚で、チーズの香りも品よくて、甘さも丁度いいんです。

定番ティラミスもこのボリューム!味も負けてません!!
d0236863_625503.jpg

この日のワインはおいしいワインをわかってる人もおいしいって言ってたので、きっとおいしいものでしょう。
素人のママもとてもおいしいかったです。
d0236863_6305353.jpg



そして、この日2組も日本人のお客様がいらしてました。日本の旅行本に載ってるのかもしれないですね。
そのうち1組は「お金がないんですけど~」って、やってきてけれど受け入れて
ワインと、プリモをサービスしたそうですよ。

普段は大人1人前菜、プリモ、セコンドで50ユーロくらいでしょうか。

そして、帰り大人も、子どもも懐かしいバカ殿ごっこで盛り上がったのでした。。。
d0236863_557657.jpg

仲川家の皆さん。みきちゃん、ボトルが邪魔したよ~
d0236863_9205447.jpg


普通には終われない梶原家のブログです。

trattoria Pandemonio
via del Leone50r TEL055 224002 休み日曜
http://www.trattoriapandemonio.it/jp/index.html
 HPは日本語もありますよ~
[PR]

by il-gelato | 2012-03-29 06:46 |  

ロンドン 最終日

今日はロンドン最後の日なので、お土産を買うのに徹します。

と、その前に1つ問題が。。
梶原家はいつも何か足りないものがあります。
ピサ空港からフィレンツェまでのバスを出発の前日にネット予約したパパ。
前日の夜中にしたものだから、プリントアウトできずに、そのまま来てしまいました。
「このページをプリントしてほしい」とホテルのフロントに尋ねたら「できない」といいます。
なぜだ??プリンターはあるのに。。。
英語が通じてないのだろうか。
パパ曰く「このページをデスクトップなんかに張りつけといて、運転手に見せればいいんじゃない??」
と。なので、そうしようと試みたのですが、それもできずに時間だけば過ぎていきます。
もういいや、なんとかなるでしょう。イタリアにかえれば。だって、イタリアだもんね。

という前向きな姿勢で、残り時間を楽しむ事に。

まず向かったのはロンドンの 老舗高級デパートといえば、ココ。

harrods
87-315 b路mpトンRd,SW1X7XL  TEL0207730-1234 10:00~20:00無休

ホテルからバスに乗って向かいます。
ナイツブリッジ下車
降りたらすぐわかりますよ。
d0236863_654856.jpg
途中、スタバのお兄さんが小さなカップでサービスしてくれていたあったか~いカフェラテをカリナが気に入って初コーヒー。
d0236863_642520.jpg
1人で全部飲み干しました。

ハロッズでのお目当ては何といっても紅茶。
本当は紅茶の専門店に行きたかったのだけど、皇室御用達とのことで、そこまでの予算はありません。

1Fが、お土産、食材コーナーのようです。
入ったらすぐに、ブランドコーナーですが、そこを抜けたら、観光客がワッサーといるので、わかると思いますよ。チョコレート、ビスケット、コーヒー、紅茶、お人形、どれもハロッズブランドで、観光客気分100%です。
しばらく悩んだ結果、無難にイングリッシュブレックファーストと、アールグレイにしました。そして、クッキーはあのクロテッドクリームのもを購入。味が楽しみです。

店内をいろいろ見てまわり、さすが富裕層のお客様がくる所だな~と実感。あらゆるものが高級感たっぷり。

ささ、一般庶民は次の場所にさっさと移動します。
で、さっきのスタバの前を通り、もちろん寄ります。
そして、ママ&カリナは2階で待ちパパはさっきと同じテイストのものをグランデで購入。ママには何も聞かないで、きっと怒られると思ったのでしょう。
そんなにカフェインとってもいいのでしょうか??
コーヒーの飲めないママはおわずけ状態。。。かりなの事ばかり考えているのでしょう。

それから、リージェントストリート通りに行きます。
帽子、マフラー、お洋服を見て、かりながホテルに戻りたがるので、一旦戻ることに。
そのうちに、バスの中で寝てしまったカリナ。
バス停から、ホテルまでカリナとおみやげを持って歩くのは面倒だと思って、パパだけ、ホテルの最寄で、降りてもらい荷物を持ってきてもらうことに。
で、ママ&かりなは駅にいくバス停で待ちます。
待ってる間もかりなの重いこと、重いこと。寝ている17キロはマジきつい。。
腕に下げてたデジカメすら重くなり、ハロッズのお土産買った袋に入れちゃいました。

って、コレが、のちのちの大事になろうとは、この時は夢にも思いませんでした・・・・。


ビクトリア駅までのバスが結構時間がかかり駅に着くと空港まで乗せてってくれる、バス(terrevision)
の出発時間まで1時間半くらい。

ビクトリア駅の構内を通って、少し離れたterravision乗り場に向かいます。場所の確認のため。
そして、遅くなった昼食を軽くパニーノで済ませます。
パパ&カリナが食べてる間にママはお世話になったオイスターカードのリファウンドをしに、またビクトリア駅に戻ります。
すると、長蛇の列が。。。間に合うのか?間に合わないのか?さっき通ったのに~と、悔やまれます。。。

何で、こんなに並んでんのよ~!!しかも、窓口が1つ閉まり1つしか開いてないし・・・。のこり15分となり、もう諦めてパパかりなの元に戻ることに。
あ~あ~10£戻って来るはずだったのに~
と思いながら、走って戻ると、
「お疲れさま~」とか、言ってくれるのかと思いきや、、「ママ~遅い!!かりなピッピに行きたいのに~」と、怒られちゃいましたよ。
「行けばよかったやん!」というと、行けるわけ無いやん!こんなに荷物があるのに~。と。
それも、そうよね。小さなスーツケース1こと、ボストンバック1個、バックパッカーなみのリュック1つ。お土産などなど。
じゃあ、急いで行って来て~とおくりだすと、5分後血相を変えてパパカリナが戻って来ましたよ。
パパ 「ママ!大変!出発場所ここじゃないばい!これの裏側!」
まま 「え~!マジ?急がなくっちゃ!」
それから慌てて走ります。たぶんこっちのバスなんて、切符買っておいても、時間になったら平気で見捨てて行くでしょう。
ハーハーゼーゼー言いながら、やっと着きました。
そして今度はカリナのピッピ。トイレはどこだ~??パパはまたまた走ります。カリナを抱っこして。
バスの係りの人が運よくイタリア語が話せたので、ちょっと待っててと伝えると、大丈夫だよ~と。
どんどん人が来て、現金で払ってる人もいました。なんだ、現金でもいけるんじゃん。

結局トイレを探せないまま戻ってきて、切符係りの人に尋ねると親切に教えてくれました~
初めっから聞けばいいのに~

私たちを待っていてくれたバス、結構親切でした~そして、1時間半かけて、スタンステット空港に行きます。

空港について、パスポートチェック、荷物チェックを済ませ、空港内で、お買い物をしつつ、そんなにお腹はすいていなかったのだけど、フィレンツェに着くのが0時なので、ここで、何か食べとくことに。
さっきパニーノを食べたので、パンは嫌だ~とダダをこねる人が。
パパです。
結局、回転寿司に入りましたよ。しかも、もう40分くらいしか時間がないのに、大しておいしくもないお寿司を食べて、掲示板に私たちが乗る飛行機のゲート番号が出たので、慌ててお会計を済ませ行ってたら、

パパ「ママーお土産の袋は??」
ママ「しらんよ~パパもっちょんのやない?」
パパ「パパしらんよ~ママやろ?」
ママ「え??」
ない。。。

ママ「あ~さっき手荷物検査のところのテーブルの上に置いたまま、カリナのブーツとって、履かせたりしてるうちにもらってくるの忘れた~パパ!とってきて~!!」

走って行ってたけど、掲示板にもうゲートが開いてると出たので、「もうあきらめるよ!」とパパ。「え~!やだ!とってきて~!」とお願いするママ。
でも、1度飛行機に置いていかれた過去をもつパパは絶対嫌だ!と、もう諦めて、ゲートに向かいます。走って、走って、結構遠い。。。かりなも必死で走ってますよ。
で、やと付いたらそこになが~い列が・・・。これはもう3人並びの席は無理だな~と思いながらも、忘れてきたお土産たちが悔やまれてなりません。
だったら、今度はなかなか登場できずに、トラブルがあったようで、そこで20分近く並んで待ってましたよ。
こんなことなら取りに行けたやん!!

なんだか一気に疲れちゃって、涙もチョチョ切れながら、飛行機の中で寝てしまってたら隣でゴソゴソ何かを探しているパパ。
ママ「何してんの?」
パパ「デジカメどこ?」
ママ「どっかのバックの中にあるやろ。何を撮るん?」
パパ「いや~ママとカリナがあまりに疲れた顔で寝てるから撮ろうと思って。」
ママ「そんなんとらんでいいけん、デジカメ探して~」
パパ「ないばい」
。。。

。。。。

。。。。。


あ‘~!!!!!!


嫌だ!いやだ!イヤダ~!!!


おみやげの袋に入れたままでした。


もう泣きます。チョチョ切れどころではありません。本泣きです。

こんな時以外い冷静なパパ「大丈夫よ~お土産だけなら捨てられるかもしれんけど、さすがにデジカメは捨てないやろ、なんとかなるさ。」

ママ「も~やっぱりパパが取りに行ってたらよかったやん!!」
パパ「デジカメ入ってたって知ってたら行ったよ!」

もう、もおう、もおおおおパパのせいやん。
ですよね?皆さん。

帰りの飛行機の中はどんよ~リ空気

ピサ空港に着きました。あっ、ここで、もう1つ問題があったんやった。バスのチケットプリントしてない。運転手さんに直接行ってみますか。
と思ったら、なんと、ココにもterravisionのカウンターがありました!どこの空港にもあるんだねきっと。しかも、前もってネットで、買わなくても良かったみたい。しかも、しかも、5歳以下はタダなのに、なぜかかりなの分も払ってます。パパらしい、ちゃんと読まないから。まあいいけど。
で、訳を話すと、ネットで確認してくれて紙にサインをしたものをくれ、それを運転手に渡すように言われました。
そうして、無事フィレンツェまで帰ってこれました。人間は。
家に着いたら、デジカメのケースと、充電器だけが空しくあります。おみやげも写真の1つもない、ロンドンに行った思い出が何も無いという現実が心に深い傷を残し眠れない夜を過ごしたのでした。。。


今回の旅の反省点
時間に余裕をもちましょう。
スーツケースをケチらずに持って行きましょう。
換金は前もってやっておきましょう。

でも、ロンドン自体はすごく都会で、見るもの、遊ぶところ、食べるものが充実してて、本当にステキな街でした。また行きたいくらいです。


最後に、この次に日スタンステッド空港に連絡したら、お土産はあるけど、デジカメはない!とあっさり言われ、しかも郵送なんかしないから、取りに来てくれと言われ途方にくれたものでした。

そのまた何週間か後にお友達に連絡をとり、親切にもあるかわからないのに空港に取りに行ってくれました。だったら合ったんです!デジカメが。そのまた何週か後にお土産を送ってくれ、デジカメはリチウムがひっかかるからと、空輸ができないらしく、それでも、ダメもとで送ってもらい、やっとこさ手元に戻って来てくれたのが、約2ヵ月後。

諦めないでよかった~やっぱりショッピングバックに入ってたんですよ~持つべきものは親切なお友達です。本当に感謝。感謝。ありがとう!


楽しい、ドタバタロンドン旅行記でした。
[PR]

by il-gelato | 2012-03-23 18:38 |  

ロンドン 4日目 午後~

 昼食を済ませたら、観光に行きます。

ロンドンは見るものがたくさん!!それに、交通の便がいいから、バスや、地下鉄でどこへでも行けちゃいます。
これからは有名な建築物を見に行きますよ。

シティーホール
d0236863_7424230.jpg

タワーブリッジのすぐそばで、1フロアーずつ斜めにずれたフォルムがおもしろい!中はロンドン市庁舎

タワーブリッジ
d0236863_7485998.jpg

ロンドンの顔ともいえる跳ね橋。今でも橋げたを1日数回可動させているそうで、観光客が多い。
10:00~18:30 無休 大人7£(エレベーターで昇ります)歩くだけはもちろん無料。
橋の上の様子。
d0236863_7575934.jpg

丁度ここで、橋が割れます。
d0236863_843659.jpg

残念ながら、私たちがいたときは橋は動かないままでした。。。


こちらは世界遺産のロンドン塔
d0236863_7592826.jpg

こんなにキレイなお城のようでも、実は王宮や、貴族の処刑場。中庭には今も幽霊がでるとか。
中には世界最大級のダイヤ530カラットアフリカの星が展示されていて、一見の価値ありだそうです。
お城の周りは塀で囲まれています。1066年からあるそうです。
d0236863_17593344.jpg

9:00~17:30
大人17£、子ども9.5£ 無休  tower hillタワーヒル駅から徒歩2分

それでは、地下鉄に乗って、今日のメインイベント。ウインターワンダーランドに向かいます。
d0236863_8123855.jpg

回数券のようなものを購入して、乗り物に乗る前にそのつど係りの人に渡します。
これは巨大滑り台。クルクル回って降りてきます。これで、4ポンドだったかな~
d0236863_819751.jpg


そして、お目当てのアイススケートに向かったら、なんともう


締め切りでした。。。

こんなオチが待っていたとは。。ガッカリです。。。さすがでしょ。

もうこうなったら乗り物に乗りまくりです。
この時のパパのセリフ「もう、金に糸目はつけないぜっ!どんどん乗りな!」
ってことで、現金引きだして100£使ってしまいましたね~
d0236863_8211523.jpg

ブランコだけの観覧車。パパはこれが1番怖かったらしい。かりなはどこでしょう??
d0236863_8232893.jpg

d0236863_8244593.jpg

お腹がすいたらパニーノに、ビール。お土産コーナーもいろいろありましたよ!
そこで、今夜のアンラッキー2つ目はデジカメのバッテリーが切れるという、半分以上も撮れませんでした。。。

でも、かりなが結構怖がらずにいろいろ乗れて楽しんでいたのでヨシとしましょう。23時ごろまでたくさん遊び、帰りはわりとホテルに近かったので、歩いて帰りました。

ウインターワンダーランドはクリスマスの時期だけできる仮設遊園地で、ハイドパーク内で1日中楽しめます!(知らず知らずのうちに、結構お金を使っちゃうと思いますよ)でも、大人も真剣楽しめます!

そして、ロンドン最後の夜はホテルでケンチキ(ケンタッキーフライドチキン)を久しぶりに食べ、その塩辛さに驚き、お水が足りなく、仕方なく水道水を飲んでみて、やっぱり出してしまったという、思い出でした。


ロンドン 5日目につづく。。。
[PR]

by il-gelato | 2012-03-14 08:37 |  

ロンドン 4日目

12月22日 2011(木)

今日のメインはクリスマスのこの時期だけできる仮設の遊園地に行って、アイススケートに挑戦です。3歳の子はできるかはわかりませんが行ってみます。

でも、その前に最後の観光です。
ロンドンのバス2階建てで、キレイです。でも、「次の停留所は~なんて親切なアナウンスはありません(笑)」
d0236863_18413418.jpg

横断歩道のボタン
d0236863_18455096.jpg

1981年にチァールズ皇太子と、故ダイアナ元妃が結婚式を挙げた事でも有名なイタリア、ルネッサンス様式のドームをもつ。セント、ポール大聖堂
d0236863_18472579.jpg
d0236863_18492511.jpg
d0236863_18555579.jpg

 St.Pau’sセントポールズ駅から、徒歩1分
8:30~16:00大人11£、子ども3.5£ 展望台から見えるロンドンの風景は圧巻だそう。

ミレニアムの年に建設されたミレニアムブリッジ
d0236863_1913343.jpg

d0236863_1945857.jpg


テートモダン
d0236863_1971574.jpg

d0236863_199423.jpg

d0236863_19103519.jpg

d0236863_19121143.jpg

映像や、光、音を駆使したインスタレーション・アートを取り入れたロンドンで、最も注目を集めている美術館の1つ。ピカソ、ミロ、ダリ、など20世紀の巨匠たちのコレクションが充実。

tate modern
Bankside,SE1 TEL02078878888  10:00~18:00(金、土22:00まで無休、無料
southwarkサザ-ク駅から徒歩10分

バラ・マーケット
d0236863_19202254.jpg

d0236863_19221632.jpg

出来立てミートパイ5ポンド
d0236863_1932018.jpg

中はこんな感じ。
d0236863_19252560.jpg

オーガニックのフレッシュジュース3ポンドその場で作ってくれます。
d0236863_1928258.jpg

う~ん、おいしいじゃん♪
d0236863_19301232.jpg

野菜は全てオーガニック
d0236863_19334944.jpg

d0236863_19374212.jpg

マーケットの様子
d0236863_19392493.jpg

コレ知ってますか?ラクレッテといわれるスイスのチーズの種類なんですが、コレを半月判に気って熱する機会に乗せ、焦げてトロトロになったところをふかしたおいもや、パンに乗せ食べます。
d0236863_1942224.jpg

チーズがこんなにとろけます。でも、早く食べないと、チーズが冷めたら固まっちゃって重たくなりま~す。
d0236863_19442014.jpg

昨日買った魔法の杖で、「あったかくな~れ!」と魔法をかけます。
d0236863_19462136.jpg

この他にパニーモもチーズとお野菜で、ちょっと胃が重たい。。。
d0236863_1949142.jpg

隣のサザ-ク大聖堂のお庭で座っていただきます。この後、パパが目の前の暖か~いコーヒーを全部こぼすという大惨事に。。。

borough market
週末の食材マーケットオーガニック食材が充実、地元っ子だけでなく、旅行者にも人気。品質の良さには定評があり、スーパーで買うよりも断然安い。
木曜11~17金曜12~18土曜8~17休み月~水日祝 ロンドンブリッジ駅から、徒歩5分
おみやげの購入にも。
d0236863_195735100.jpg


ロンドン4日目 午後~につづく
[PR]

by il-gelato | 2012-03-12 20:07 |  

ロンドン 4日目


12.22.2011(木)

今日のメインはこの時期だけできる遊園地に行く事。そこで、アイススケートに挑戦です!3歳の子どもができるかは知りませんが、行ってみま~す。

でも、その前に最後の観光と行きましょう。
[PR]

by il-gelato | 2012-03-12 18:35 | 未分類  

ロンドン 3日目午後~

パパがお昼寝して、1時間後、いやいやなカリナを無理やり寝かせ、それからまた1時間後、ホテルで、1人、ネットで、調べ物しながらも、この後のアフタヌーンティーが楽しみで仕方ありません。

いろいろ調べた結果、マリオットホテルの中がいい感じ。17:30までだから、そろそろ起こすか~と思ったのが、16:20  1時間もあれば十分着くだろうと思っていたのが甘かった。。。

パパを無理やり起こして、寝えているカリナをそのまま抱っこして、駅に向かいます。
パッディントン駅から、最寄の駅と思われるランベスノース駅まで1回乗り換えでまあまあ時間がかかってしまい、17:10分。あれ?時間がないやん。急がなくっちゃ。
そして、こんな時に限って道に迷う。
地図ではすっごく近所まで来てるはずなのに、ホテルがない!かりなは寝てて重たいし、時間がどんどん迫ってくる。こうなったら、道を聞こう。結構歩いて、迷って、人に聞いたら、親切な方で、すぐ近くまで案内してくれました。着いたのはとても立派なホテルです。でも、もう17:30きっと、無理かも。

お願い!神様!まだやっていて!(こんな時はいつも神頼み)

ホテルの中でも、少々迷いましたが、やっと着きました。
かつて、ロンドン市庁のライブラリーでもあったお部屋でアフタヌーンティーができるはず。
さすがに、たくさんの本があり、落ち着いた雰囲気。
なのに、もう誰もいません、そして、なぜかカメラマンと、被写体の方が撮影を行ってます。

???もう終わっちゃったのかな???

すると、1人のウエイターさんが私たちに気づいてきてくれました。
「アフタヌーンティーしたいのですが」

1瞬「え?」って、顔をなさったけれど、違うラウンジに案内されて、時間が遅いにも関わらず、アフタヌーンティーを楽しめることに。
そして、この後夕食を控えていたので、2人で、1人分をシェアできるか、尋ねてみたら、これも快くOKしてくれました。

まずは、紅茶を選びます。
d0236863_19135447.jpg

私たちが選んだのは、ベーシックなtraditional english
d0236863_19154534.jpg

先に紅茶、ミルクが運ばれてきて5分後に新しいお湯をポットに入れにきてくれます。残念ながら、葉っぱは替えてくれませんでしたが・・
そして、3段のお菓子が運ばれてきます。
これで、1人分ですよ~多い!!
一番下はサンドイッチ、定番のハム、きゅうり、ローストビーフ、など5種類。中段はスコーン。一番上がケーキです。この場合、サンドイッチから頂くそうで、さっそく食べてみました。驚くほど、おいしい訳ではないけれど、パンも、柔らかく、作り置きではないみたいで、具もおいしかったです。
でも、今回なんと言っても驚いたのが、このスコーンと、それを引き立たせるクロテッドクリーム!スコーンは出来立てのように、温かく、ふかふかで、クロテッドクリームが濃厚で、少しの塩気がさらなる甘みを引き出し、本当においしかった!!クリームは完食です。
d0236863_19525889.jpg

そして、最後にケーキですが、甘かったです。想像通りの甘さです。
d0236863_19553352.jpg

でも、紅茶がとてもおいしくて、尚且つ、かりなはこんな具合に最後まで寝ててくれて、のんび~り大人な時間を過ごせたのも、ありがたかったです。
d0236863_19191828.jpg



http://marriott.com/property/phototour

cauntry hall MARRIOTT
westminster bridge road アフタヌーンティー1人39£
外に出てみたら、反対側から来ていた事に気づき、分からなかったはずです。
川の向こうビックベン側からウエストミンスターブリッジを渡ってくれば、すぐわかりましたね。
ホテルの正面
d0236863_19351856.jpg

橋を渡ってる時に見えるホテルこのキラキラ大げさなイルミネーションのホテルがそれです。d0236863_19375757.jpg

ロンドンアイのすぐそば。
橋を渡ってるときに見えるビックベンがライトアップされてきれいでしたよ!
d0236863_2075258.jpg


そこからは、お友達から聞いたリージェントストリートにあるおもちゃやさんハムリーズにでかけます。
世界最大級のおもちゃ屋さんは地下1階から、6階まで、7階にはカフェまであります。

リージェントストリートの様子。クリスマスのイルミネーションがキレイ!
d0236863_20155593.jpg


階ごとに区別されてて、見やすいし、トイレもあるし、1日中だって子どもは飽きないでしょう。
d0236863_20133527.jpg

ところどころで、店員さんが、実演販売してくれてます。
d0236863_2018336.jpg

さすがロンドン、テディーベアがたくさん!!
d0236863_20205031.jpg

d0236863_20231676.jpg

たくさんの中からかりなが選んだのは、魔法の杖でした。ボタンを押すとキラキラ~と音が鳴るというだけですが、なかなか気に入って、なにかにつけると、「○○にな~れ~」と魔法をかけられます。
この前なんか、「やさしいママにな~れ~おねが~い!」と魔法をかけられまして、ニッコリわらって、やさいいママですよ~という遊びにつきあわされました。

HAMLEYS
Regent St 188-196 ~21:00

それから、それから、今日の最後は42日間熟成させたやわらか~いお肉を食べにquo vadisにやってきました。リージェントストリートから歩いて10分ほどです。

予約なしだったので、入れるか心配でしたが、時間が遅かったので、丁度出るお客様がいて、運よく待たずに入れました。
そして、全然お腹のすいてない私たちはこのお肉だけが食べたくて、注文すると、40分はかかるから、前菜や、プリモを食べている間に作るのが普通なんだけど・・・・。
と、言われながらも、だったら、待ちます。と、ワインを飲みながら、待ちました。もちろん、かりなはパンや、パタティーネを食べてます。
そして、40分後運ばれてきたのがコレ。
d0236863_1832939.jpg

ママはレアで、パパはミディアム。でも、正直期待していたほどはなかったな~
お肉大好きかりながそんなに好んで食べなかったくらいです。そこまで柔らかくなかったかな。お肉自体の味はとてもおいしかったですよ。ソースはないのが普通なので、これに自分でお塩、胡椒、オーリオなどをお好みでかけて食べます。
そして、これにパタティーネがまた付いてきましたが、このパタティーネがカリッカリで、中はホックホク。
かりなでなくても、やみつきになりそうでした。
d0236863_1862367.jpg

お肉だけではなんとも、言えませんが、アンティーも、プリモもきれいに盛り付けされておいしそうでしたよ。お腹すいてたら絶対たべたかったな~ちなみに、イタリアンです。


Quo Vadis
26-29 Dean Street W1D 3LL TEL 4402074379585 ランチ12~14:45 ディナー5:30~22:45  
42日間熟成されたサーロインステーキ 1人前25£ 
http://www.quovadissoho.co.uk/
d0236863_21323512.jpg


では、ホテルに帰ってお風呂~♪

ロンドン4日目につづく
[PR]

by il-gelato | 2012-03-09 20:27 |  

小児科

 
昨日の出来事

朝、いつものようにかりなを起こすけど、「ようちえんいかない、ねむたい、きつい。」と一向に目を覚まさずに、夜中、朝方と咳をしていたからちょっとだるいかな~、でも、熱はないしな~そこで、甘いパパが「ぱぱもなんだか風邪っぽいきん、かりなも風邪ひきかけよんのやろ?休ませてあげたら?」と。
まま「かりなお休みするかい?」
かりな「うん!」
まま「じゃあ、ねとっていいよ。」


10分後。
「おっはよ~」      元気な人がおります。

まま「かりなまだねときな」
かりな「かりなもうねむたくないきんだいじょうぶ」

やられた。。。

かりな初めてのズル休みです。やばいな~癖になったら困るな~よし、こうなったら、かりな風邪ひいてる。ってことで通すぞ!

それから、朝食を結構食べれて、お絵かきしたり、歌うたったり、お人形で遊んだり、元気いっぱい。
そんなかりなを見て、どこまでも甘いパパは「かりな元気ならお外いくかい?」
かりな「うん、いくいく~!」
まま「いかんよっ!かりなは今日きつくて幼稚園お休みしたんだから、お家でじっとして風邪よくならさんと!明日幼稚園いかれんよ!」
かりな「。。。はあい。。。」

でも、せっかくお休みしたけん、ずっと続いてる咳を診てもらいに、小児科受診するかな。

こっちは小児科といえども、病院ではなくて、主治医の先生がいる場所にアポをとって行くのですが、先生も1つの場所にいるのではなく、この日の午前中はここで、午後は違う場所。曜日によっても違います。
たまたまこの日の午前中はどこにもなく、午後はいったことの無い遠い場所。できればパパのいる午前中がよかったのだけど、だったら明日になります。明日は幼稚園行かせたいしな。
時間も午前は10:00~13:00午後は16:00~19:00と決まっています。
というわけで、行きたいときに、さっと行けるわけでもなく、あそこが評判がいいからと、勝手にいける訳でもなく、決められた先生に診てもらわなくてはいけません。変更は可能だそうですが。

かりなの先生maria先生は週のうち比較的働いてない時間が多いと思います。月曜~水曜は午後だけ。木、金は午前だけ。土、日はもちろんお休みです。
なので、それ以外に診てもらい時は救急病院に行かなくてはいけません。今回のような場合はただの咳だけなので、救急へは行きませんが、さて、困りました。私1人で、行ったことのない場所に行けるのでしょうか??
まあ、無理だな。
「そうだ~お友達に一緒に行ってもらお!」と、言うと、つぎの瞬間、パパが言った言葉で、ママの気持ちが180度変わったのでした。

パパ「ママ、人に頼りすぎじゃねえ?せめて症状ぐらい辞書ひいて自分でせんと!」

カッチ~ン!

はあ?もっとやさしい言い方ないの~!?
誰のせいで見知らぬ土地で、知らない言語の中かりなが人見知りになったとおもってんのよ~(心の声)

ママ、心細いのはわかるけど、みんな忙しいんだから、自分でなんとかしようと思う事も大事だよ~的な。パパが一緒にいければよかったんだけど。。的な。そんなやさしい言葉はいえないのか~!!

「はい、はい、わかりました!どうやって、アポとるん?」

そして、TElしてみまししたよ!いやいやながらも。ドッキドッキです!フィレンツェにいる人は知ってると思いますが、3年間すんでる人の中で、1番喋れないと思われるこの私が、イタリア語で公共の場にTELをしてますよ。

「ボンジョルノ」
でましたよ!うわ~緊張しすぎる~!
「予約したいのですが、今日の午後。カジワラカリナです。」
「じゃあ16時にきてください。」

できた~!!自分でできた~!よ~し!今度は場所の確認。
Googlemapで調べた結果、バスで行けても、降りる場所がわからないし、降りてどれだけ歩くのかわからないので、チャリでいこう!地球の歩き方持っていこっかな。迷ったら困るけん。
あ~載ってない・・・。遠くて載ってない。よし、手書きだ!googlemapを完コピし、準備万端!

いや、まてまて、言葉はどうする??咳と、夜はわかるんだけど、それくらいでいけるかな?
も~!!パパの意地悪!何でこんな事に。。。絶対喋れんのに~

もう、仕方ない!パパに文句言ってもどうなるもんでもないしね。当たって砕けろだ!ママは強いぞ!よし!出発!

チャリでこぐこと30分、ミケランジェロ付近で、やはり迷いました。この坂道登るのはきつい!この道じゃあないな。きっとこれが坂道だから、ミケランジェロに登るんだろう。でも、行きたいのは川の近く。逆だな。
引き返し、地図を良く見てみます!
広告の裏に水生ペンで書いちゃったから、にじんできてるし、いや~時間に着くのかな。着かんかったらいいや、家に帰ろう。ただの咳だけだし。あっでも、まてまて、予約しちゃったから、やっぱり行かないとまずいよね。
なんとなく川の方に向かって行ったらたまたまありました!行きたい道が。良かった~もうすぐ辿り着きそうです!16、16、16
16番を目指してついに到着!
あれ?でも、シャッター閉まってるな~
辺りをウロウロ。
だったら、おばさまが出てきて、何か言ってます。「ドットーレ?(お医者さん)」という言葉だけが聞き取れました。なので、「si]
とお返事したら、向こうを指さし、「たくさん間違えるけど、ロッソ(赤)の番号よ。フャルマチア(薬局)の前の」
ときっと言ってるだろう。ありがとうと告げ、来た道を引き返し、赤い16の番号にやってきました。でも、消えかけて赤ではないけどね・・・
やっとついた~16時丁度。ギリギリセーフ!
受付で名前を伝えると、待ってて、先生ももうくるからと。はい。
16時の予約で、16時に先生がまだ来てないなんてことはもう驚きませんよ。ふっふ~んだ。
「ママ、トイレ」
あっ、かりなそっか、ママいっぱいいっっぱいで、かりなの事ほったらかしで、トイレ行かすの忘れとった。
トイレを済ませ、戻ってくると、痩せたおばちゃんがいて、カリナカジワラおいで~って。
あら、あの方先生かしら?普通の普段着、今来たばっかで、手洗いとか、白衣とか、いいのかしら?案内された小さな部屋には、テーブルと、所せましと、ベットが置いてあり、散らかったテーブルの上の本をザットどけ、その上にカリナを座らせ、「今日はどうしたの?全部言ってみて!」と、先生。
この状況に少し唖然としながらも、よし!伝えなければ。「夜だけ咳が出ます」伝わったのか?

その後は何て言ったかはさっぱりわかりません。ただ、かりなの胸の音を聞いただけで、口の中もみない、のどが腫れてるとか普通見るけどな~、目もみないし、のどを触ったりとかも無し。
じゃあ、鼻の洗浄ね。
でた!やっぱりそれか、たくさんのママ友からは聞いてたけど、お薬はそんなに出さずに、鼻の洗浄をするスプレーをもらうだけなんですって、
「はあ。」やはり、ママからの情報では、それしか対処できないらしい。こんなことではいけないね。
かりなごめんよ~ずっと咳が続いてるって言えばよかったな~辞書持ってくればよかったよ。。。

今回は惨敗です。
パパの1言にぶち切れ1人で行ってやる~!と意気込んだのはいいけれど、言葉の壁がずっしり、のしかかります。そんなに早口でいわんでも~

じゃあ、薬局で、鼻スプレー買って帰ろうっか。家にあるのだけれど、せっかく来たしね。

そんなこんなで自転車にもどります。

ん?ん?

カギがない・・・

あれ?ジャンバーのポケット入れとったよね?
あれ?あれ?あっ、トイレいったときかな?ポケットからおちたんやろ?

また戻ります。トイレを見ても無い!ガーン!
受付のお姉さんに祈るような気持ちで聞いてみます。
「知らないわよ」
ガーン!「先生の部屋かしら?見てきてあげる」
「ないわね」
ガーン!じゃあ、薬局かな?
「ない」
ガーン!ガーン!どうしよ~チャリで帰れないってことはバス?バス停遠いかな~帰れても家に入れない。。
ヤバイ、ヤバイ、と~ってもヤバイぞ~!!カリナカギ探して~!!しばらくウロウロ。
カギ~!



かりな「ママもう疲れた~」
ママ「だって、カギないと帰れんよ~さがして~」

ゴミ箱の足で踏んであけるところに座り込んでるかりな。

もういいや、いろいろ言えれん。。。
カギ、カギ、カギはどこだ~!!










「ママ!ママ!じゃじゃ~ん!カギあったば~い!!」

「いや~ん!かりなマジ??すげ~!!どこにあったん??」


「かりなのポケットでした~!」


「   。。。      」


「なんで??」

どうやらトイレでカギを落としてそれを拾って、自分のポケットに入れてたのを忘れてたらしい。

やれ、やれ。


帰ろう。



帰る途中自転車で寝てしまって、そのまま20時まで寝てたかりな。
起きたらごはんをたっぷり食べます。やっぱり元気だったな。


今日はかりなの仮病から始まりとんだ1日だったな~



そして、0:30パパが仕事から帰ってきました。
「ママきつい」


38.7度
そっちか~!!



長々と呼んでくださりありがとうござあいました。


ある日の幼稚園の帰り道  パパ&かりな
d0236863_20461913.jpg

[PR]

by il-gelato | 2012-03-08 20:49 | firenzeでの生活  

ロンドン 3日目

  2012.12.21(水)

今朝は8時には起床。そして昨日と全く同じイングリッシュブレックファーストをいただきます。全く一緒だなんて・・。そんなのって悲しい。厚切りベーコンがおいしいような、そうでないような。紅茶がおいしいのは嬉しいですが。

そして、9時半には最寄の駅パディントンに行きます。9時半より前に通過してしまうと、1日の上限が高くなってしまうので、9時半以降に初乗りします。
駅に向かう途中、毎日見ていたポスト。かわいいですよね~
d0236863_8434461.jpg


向かったのはWestminster Station(ウエストミンスター)駅。

あの有名なビックベンと3つの世界遺産を見た後、バッキンガム宮殿の衛兵交代を見る為です。

まずは、駅を降りてすぐ、目の前に大きな時計台が飛び込んできます!

big ben (ビック・ベン)
d0236863_7152920.jpg

大好きなディズニー映画ピーターパンで何度も観たあの時計台です!

こちらは世界遺産のウエストミンスター宮殿(国会議事堂)
d0236863_717282.jpg

見学は9:15~16:30 休み 8月の日、祝、木 大人12£ 子ども5歳~15歳5£

こちらも世界遺産のウエストミンスター寺院
d0236863_7203591.jpg

王族や偉い文化人が眠るゴシック建築の傑作だそうです。
休み 日・祝  9:30~15:45水のみ18:00まで 大人15£

そして、これは何でしょう??
こんな事があっていいのでしょうか?
じつは、ここで、もう1つの世界遺産セント・マーガレット教会を撮ったはずでしたが、今の今までこれがそうだと信じていたのに、ブログを作成するにあたり、ネットでいろいろ見ていたら、どうも違う。
本物はもっと質素で落ち着いた雰囲気なんだけど・・・。他の写真を探してもそれにあたるものはナシ!
d0236863_724911.jpg


やってしまいました~!!3日目はこれだったか・・せっかくの世界遺産を勘違いして、写真におさめてしまうという、なんともバカバカしい私です。らしいといえば、らしいけれど。ミーハーな性格で、特に詳しく調べもしないで、浮かれるからこういう事になりますね。ごめんなさい。
でも、いばって、間違ったままUPしなくてよかった~

本物の教会はこちら。
http://www.ryoko.info/london/011londo.htm

それでは、バッキンガム宮殿に向かいます。
敷地はとても広くて最寄の駅が5つもあるほど。敷地内にはセントジェームスパークという大きな公園があり、たくさんの小動物がいて、穏やかな時間が流れます。
d0236863_7303564.jpg

d0236863_7551440.jpg

d0236863_7571773.jpg


バッキンガム宮殿
d0236863_871462.jpg


観光客がこんないたくさん!
私たちが見た場所はここらへん、2度目に私たちの目の前の道を通ってくれて、良く見れましたよ!
d0236863_853822.jpg


やってきました!おもちゃの兵隊。いや、衛兵交代のセレモニー
全部で3回やってきます。初めに騎馬隊、続いて衛兵さんたち。見事に揃った列がすばらしいです。みんな前が見えてるのかしら?と余計な心配もしてしまいました(笑)音がかなり大きいので遠くからでも太鼓の音が聞こえて、あっ来るよ!来るよ!と期待に胸が躍ります。そして、時間差で3方向からやってくるので、どこにいても、何かしら見えます。
でもやはり特等席が宮殿の側でしょう。何時間前から並ぶのかしら?わたしたちは10分前くらいに行って、普通に見れました。

衛兵交代 5月~7月は毎日 それ以外は奇数日 11:00~20分間くらい。」
d0236863_884997.jpg


こちらはエリザベス女王のおみやげ館で、クリスマスツリーがとってもかわいかったので撮ってみました。
d0236863_8201972.jpg

全体はこちら。飾りが王冠だけっていうのがかわいいですね。
d0236863_8212874.jpg


さて、お昼ご飯はロンドンといえばコレでしょう

フィッシュ&チップス
d0236863_825790.jpg

お皿からはみでそうなほどのボリューム。
d0236863_8265459.jpg

まわりのお客さんも殆どの人が食べてて、お年寄りもガッツリいってましたね~こんなのしょっちゅう食べてたら絶対太るだろうに、なぜロンドンの若者は細くておしゃれさんばかりなんだろう。。。


かりなはというと、大人2人分、子ども用1つを頼んだら、なぜかおとな1つに対し、3匹ものお魚のフライがきてしまい、戸惑いつつ、眠たい目をこすりながらも、大好きなパタティーネは食べる!!という食いしん坊でございます。お魚も少しは食べれました!
d0236863_8233363.jpg


seafresh resutaurant
80-81 Wilton Rd,SW1V 1DL TEL02078280747 12:00~15:00,17:00~22:30 休み 日
victoria駅から徒歩10分 
ランチセット フィッシュ&チップス パン、アイス、紅茶付で、12£

それからホテルに戻りお昼寝です。
かりながというより、パパが!
ホテルに着いたらパパは即効寝て、かりなはyoutubeでAKBを見てました。かりなが元気なら観光とかしてたいのに~!!(怒)

3日目 午後につづく
[PR]

by il-gelato | 2012-03-06 08:49 |  

ロンドン 2日目

 2011.12.20

 ホテルでの朝食はイングリッシュブレックファーストのフルコースとHPにはあったので、期待していたのですが、ワンプレートで目玉焼き、ベーコン、トマト、ファジョーリの煮込み。あとは、トースト、シリアルくらいなもので、これで、フルイングリッシュブレックファーストと言われたら、種類的にはそうかもしれないけど、残念。

 でも、気を取り直して、観光に出発で~す!

まず初めに向かったのは、あの有名なシャーロックホームズ博物館。
最寄の駅はもちろんベイカーストリート駅
地下鉄パディントン駅から、3つ目で降ります。ロンドンは分かりやすくていいね~
ふふふ~ん
にっこり笑顔のカリナ
d0236863_16274487.jpg

車内の様子 キレイですよ~ローマとかのに比べると。(ママの格好は気にしないでください)
d0236863_16285493.jpg

ちなみに、ロンドンの地下鉄が世界初って知ってましたか?それで、こんなふうにむきだしになった電線?も納得です。
d0236863_16131100.jpg

余裕で乗っていたら2個目の駅はまたパディントンって・・・。
あれ?戻ってきちゃったの?
私たちが乗った黄色の路線circle線はパディントンの次の駅edgwear road(エッジウェアーロード)で、終点、始発みたいな、引き返してしまう路線のようで、要注意。でも、日本の山の手線みたいにグルグル回ってます。
お気楽に乗ってたら落とし穴がありましたね~(笑)
では、もう1つの行き方、茶色い線bakerloo(ベイカールー)線に乗り換えて3つ目で降ります。
d0236863_16231434.jpg

出口の様子。朝の日差しがいい感じでそそいでます。
d0236863_1624167.jpg

駅をでたら、さっそくシャーロックホームズのおでましです。d0236863_16261892.jpg


baker street駅から徒歩3分 
これが入り口
d0236863_6464553.jpg


1階はお土産コーナーで誰でも入ることができます。
かりなはこのアンティークなお電話が気に入ってしばらく話してました。
d0236863_16311740.jpg

d0236863_723376.jpg



2階から博物館となっていて大人1人6£ 子ども4£
ホームズゆかりの品々
d0236863_6523028.jpg

かりなお口にいれたらダメ~!!
d0236863_6553474.jpg

パパもかいっ!
d0236863_6574953.jpg


3階からは蝋人形が置かれていて、小説の1シーンが思い出されます。
d0236863_701939.jpg

しっくりきちゃってるね~
d0236863_715686.jpg

恐る恐る手をつないでみた。
d0236863_75941.jpg

みどころがたくさんあるので、お金を払ってでも見てよかったですよ。
d0236863_7273495.jpg

d0236863_72920100.jpg

d0236863_7312453.jpg



ベイカーストリート221B コナン・ドイルの小説そのままの場所にあります。
d0236863_7121377.jpg



http://www.areab.co.jp/221b/top221b.htm


続いて向かったのは、大英博物館
嬉しいことに、ロンドンの公立ミゥージアムは殆どが無料。文化育成に熱心なお国柄だけあって太っ腹。
国ごとにエリアが分かれてあってその全部を見ようと思ったら1日では足りない。
世界最大規模の博物館で、その数なんと8万点。
私たちがみたのは、エジプトと、日本、アジア、イタリアなど、エジプトではミイラを見ちゃってビクッとしちゃいました。あと白骨とか。

大英博物館
goodge street駅から徒歩5分 great Russell ST,WC1 10:00~17:30(木、金~20:30)d0236863_753260.jpg


お昼はソーホー地区にあるオーガニック・カフェのお店  ル・パン・コティディエン
に行く予定だったのに、あまりにお腹がすきすぎて、なんと、まさかの中華食べ放題のお店の前を通ってしまい、誘惑に負けてしまいました。。。
さほどおいしい訳ではなかったけれど、かりなからあげ、ままビーフン、パパいろいろをお腹いっぱい食べてしまい、おいしくて満足~という感じより、そうではないもので満たされてしまった罪悪感でちょっとテンションは下降気味。
そしてホテルに帰ってお昼寝のカリナとパパ。
今回の旅はバギーなしだったので、お昼寝されると大変な重たい思いをしなくてはいけなくて、しょうがなくホテルにもどって2~3時間費やすのでした。
その間ママはまたお風呂に入れて幸せでしたけどね。

夕方からまたいろいろ見て回るつもりでしたが、パパが起きない、起きない、旅行先でもこうですよ。
やっとこさ起きてお買い物にでかけます。

地下鉄marble Arch駅で下車。すぐ目の前にprimark (H&Mのようなイギリス・アイルランドに170以上の店舗をもつ激安チェーン。)そのままoxfordstreetをウインドーショッピングしながら、marks&spencerにやってきました。
ここで、お水やお土産を少し買い、ポンドの現金をおろすことに。ここでのレートがわりといいらしいんです。
https://www.fxcorporation.co.uk/marksandspencer/order_currency.asp
100ポンド下ろすのに、かかったのは120ユーロ。空港より断然お得。

それから夕飯の場所
cocoro
に向かいます。
実は知り合いが働いてるお店で、本格和食が食べられます。しかも、ラーメンが行列ができるほどとか。

しかし、ここで道に迷ってしまいなかなか着きません。迷うほどの道ではないのですが、「パパがこっちからいけるっちゃね~とか言ってかなり歩いた結果、迷って地下鉄に乗りなおし、最寄の駅で下車。だったらすぐにわかりました。
なのに、残念ながら今日は知り合いがお休みで、ガ~ン!!どこまでもつめの甘い私。ちゃんと連絡しとけばよかった~
でも、おいしいお寿司に、さばの味噌に、ラーメンを食べて大満足です。
d0236863_8314398.jpg

魚嫌いのかりなはシャリと巻きすしをひたすら食べ、大好物のラーメンにたどり着く前に眠ってしまうという、なんとも残念な子でした。
にぎりを3皿、巻き寿司2皿、さばの味噌煮、サラダ、ビール、カクテル、ラーメン2杯
78£ (94€)久しぶりに新鮮なねたの握りを食べれて幸せでした。

http://cocororestaurant.co.uk/
そして、今日の締めくくりは帰りのタクシーで、まさかのボラれるというかわいそうな私たち。
どうしてボラレタってわかるかというと、ロンドンのタクシーはTEL予約をする際に、行き先をつげると、いくらで行けるか先に知らせてくれるのです。このときもTElではたしか7£って言われて、実際払ったのは10£
しかもはじめは12£って言われて、なれない英語で7って言ったじゃ~ん!!って言ったら2ポンド返ってくるっていう、紛れもないぼったくりです。
やれやれ

イギリスのタクシーは世界一信用があるって言ったの誰だ~!!

ロンドン旅行3日目につづく。
[PR]

by il-gelato | 2012-03-03 16:46 |