カテゴリ:旅( 29 )

 

フライト



イタリアに帰る日は朝からドキドキ。
小心者の私はすぐに緊張しちゃうんですよね~
トイレに何度行く事か。

今回は初めて使うフランクフルトの空港を経由するのでなおさらドキドキ。しかも、待ち時間1時間半でこれまた拍車をかけて緊張します。大きな空港なので間に合うのかな~


夜9時に福岡空港を出発です。友達、家族に見送られ幸せな事ですね。
と、思ったら出発口付近になにやら大勢の人の数

ど、どう、どうしたことなのでしょう?

若い女の子たちが集まってます。

皆さん手には同じような袋をもちよ~く見て見ると  N E S W N E S W S N W N

とイニシャル??

「あ~コレ、NEWSじゃな~い?」
と、友達が。どうりで若い子たちが集まってるわけだ。
コンサートの帰りだろうね。

うん、うん、ジャニーズか。若いな。
30を過ぎてまさかキャーキャー言わないよね、私。


早々にみんなと別れを告げると涙ぐむカリナをよそにちょっとNEWSが気になるママ。

結局NEWSには会えないまま飛行機に乗り込みます。

最新のANA787でかなりゆったりリラックスできます。
個人画面も大きくてタッチパネル。
さっそくアニメチェック。
ドラえもん、ちびまるこちゃん、ディズニー、その他いろいろ。
よしよし、Okだわ。

かりなもタッチパネルを自分で操作して楽しんでます。

d0236863_23483672.jpg

離陸の時はちゃんとお水を飲んでエライエライ。

離陸後すぐにサンドイッチが配られましたがもうその頃は寝てました。だってもう1時です。



そんな感じでママは映画を何本か見終わりそろそろ寝ようと思ったそのとき

パパに頼まれたカボスとゆずと大葉をスーツケースに入れたか、いや、入れてないか。ん?


気になって寝れない。



たぶん入れてないな。。。


結局12時間一睡もできずにボーとしてました。




そんなこんなで朝方トイレに行きたくなって寝てるかりなをどうしようかな、


何度かCAさんにみててもらってトイレに行ったのですが、あんまりお願いするのも申し訳ないので

すぐ後ろだしいっか。と思って置いてくことに。


すると、丁度そのときに運悪く機内放送が・・・





やべ、起きるのか・・・





慌ててトイレを済ませようとしたその時



「ママ~!ママ~!」


とやっぱり起きて泣いてます


戻ってみると知らない外人さんがなだめてくれてました(汗)


も~こんな時に機内放送せんでよね~


涙でいっぱいのかりつんでした。

ごめんよ~

だってトイレすぐ後ろだったんだも~ん。


やっぱり1人にするのは危険でした・・(笑)


さて、フランクフルトに着きました。

さすが定時着世界1位のANAです!30分も早く着いてくれたので、余裕です。

飛行機を降りるとこれまたすぐにわかりやすく日本人のスタッフが居てくれてどういけばいいのか教えてくれました。


登場口は案外近くてそんなに長い事歩かなくてよかったので、飛行機を眺めながらちょっとお茶してます。
かりなはお友達がお利口に乗っててくれるようにと福岡空港で買ってくれたプリキュアのシールでおとなしく遊んでます。
d0236863_23343946.jpg

d0236863_23355577.jpg


なんだかのんびりしっちゃったな~とふと時計を見るとあっという間に15分前。

おおおっ急がなくっちゃ。

搭乗口までダッシュです。

トイレに行く時間もないままバスに乗り込みました。

でもみんな以外とのんびり~なかなかバスは発車しません。
降りてトイレに行こうかな~でも、もう一回チェックインしっちゃったから私たちは乗ってるものとして、置いていかれっちゃったら怖いもんナ。

飛行機に乗るまで我慢しよ。心配なのはかりなだけどな~大丈夫かな?
でも促さん方がいいもんね。

と、いろいろ考えてるうちにようやく出発です。

ルフトハンザに乗り込んだらやっぱり離陸と同時に寝ちゃったかりなです。

トイレ~

2時間弱我慢です。


そうしてやっとフィレンツェに着きました。


スーツケース4つちゃんと受け取りました。


ほっ


前回1つパリで泊まっちゃったもんね。


4つのスーツケースをカートに乗せてその上にどうしても乗りたがるかりなを乗せてパパの待つ出口に向かいます。


ちゃんと迎えに来てくれてたパパを待っていたのはニコニコのカリナとカリナを抱きかかえた瞬間、パパの足に落ちてきた23キロのスーツケースの痛みでした・・・(笑)





あっ私を寝かしてくれなかったゆず達は奇跡的に持ってきてました!
[PR]

by il-gelato | 2012-09-11 23:53 |  

錦帯橋


さて、最終日の今日は朝7時起床。
山口県岩国にある日本で一番キレイだとされる橋。錦帯橋に行ってきました。
その名を知らなかった私は着くまで何がどうキレイなんだかわかりませんでしたが、着いて見て見るとそのアーチの角度がすばらしく、とても人の手で創ったとは思えないほどでした。
機会ではなく、江戸時代の人々の手で作り上げられたそうです。
はしごを上っての作業。何度も水に流されながらも諦めずに完成させたかと思うと胸が熱くなりました。
100回以上の架け替えがなされたそうです。
もっと5つのアーチがきれいに写ってればよかったんですけど・・・
d0236863_23275579.jpg

d0236863_23172555.jpg

この橋を渡っていると本当に自分たちがタイムスリップして、水戸黄門などの時代にきているかのようでしたよ。
d0236863_23291169.jpg

そしてその川もきれいなこと。
透明な水の川で遊ぶ子どもたちが嬉しそうでしたよ。
d0236863_23313100.jpg

d0236863_23321794.jpg


向こうの方にお城も見えてステキです。
d0236863_2333376.jpg


それから向かったのは山賊というお食事どころ。

12時前だというのに、お客様は結構いて、影はもうなかったです。人気なんですね。
ここは戸外なので、雨の日はダメでしょうね。夏は暑かろうし、冬は寒かろう。でも、お客様はいっぱいなのは何でかな~?
そんなに安い訳ではないのだけれど、、、

名物の山賊焼き、山賊むすび、山賊うどんを注文してみました。
d0236863_2352441.jpg


d0236863_23502981.jpg

d0236863_23514223.jpg

なるほど~こうやって食べるので山賊なんだね~そして、山賊なだけあって量がどれも多い!人気の秘訣は味と量と、雰囲気、そしてお祭りって感じかしら。
d0236863_23441715.jpg

お料理ができるまでの間は夏祭りのようなものがあったので子供たちは飽きずに楽しんで待っていられましたよ。
d0236863_23491848.jpg


d0236863_2348014.jpg

このときに釣った金魚ちゃん。
4匹のうち九州の実家まで車で揺られ生き残ったのはたったの1匹。
名前はベリーちゃん、でも私たちがイタリアの戻る前の日に亡くなってしまったのでした。
かわいそうに。。
お祭りの金魚の命のはかないこと・・・

おっと、危ない広島旅行の〆が金魚ちゃんになるところでしたが・・・

こうして5泊6日の楽しい旅行が終わりました。お友達との旅行って本当に楽しいものですね。
それぞれの個性は光っていいですね。
来年はきっと東京で集まろうね~☆
[PR]

by il-gelato | 2012-09-03 00:00 |  

広島旅行後半


旅行3日目のこの日もう一人の友達が遅れて到着。
しばらくフャミレスでしゃべくり、次の日の予定を立てていない私たちは何をしたいかを決めるために本屋さんへ。

やること決めとけって思ったでしょ。

そうなんです。


たいがいダラダラと過ごしてしまう私たち。短大からの仲なのでお互い知り尽くしてもう気も遣うこともないのですが、私を除いた3人がやたらと優柔不断でして・・・決まらない決まらない!そして何度も訪れているので、絶対行きたい所もなく、子どもメインなのか、大人メインなのか。
ただただ時間がすぎてゆく~

そうして夕飯の買い物を済ませ家路と帰りました。ちゃんちゃん。

その日の夕飯は自炊です。なぜか後からきた友人が始めて訪れた新築の友達宅の事を1瞬で暗記。いや、予想?もはやこれは特技と言ってもいいでしょう。
私「あれどこにある~?」
家主「さあ、どこにしまったかな~?」
友人A「あそこにあるよ」
と、まあこんな風に家主よりも詳しく的確に答えるのです。
不思議でしょう。

かりなはかりなでお風呂で大事件を起こすし(何をしたかは彼女の将来に傷がつくので、控えます。)ウフフ
肉じゃががメインになるか、副菜になるかで口論が勃発するし、
本当に飽きない私たちで深夜遅くまで喋くるのでした。。。

そして朝になり、早くに目を覚ましたけれど、何をするかがやっぱり決まらず私の希望で夜はバーベキュー。

で、広島なのでやっぱりお好み焼きを食べなくちゃ!ってことでお昼はお好み焼き。
最近気になるというその名も「食いしん坊」に行ってきました。
ココは人気店らしく楽しみ。
海鮮スペシャル。そばダブル。スペシャルを注文。大人4人と子ども2人でしたがお腹いっぱいになりました。
d0236863_7332020.jpg

d0236863_73434100.jpg

d0236863_736144.jpg

d0236863_7371099.jpg



うわさどうり本当においしくって、早くって、そして値段が安い!!
サイドメニューはないけれど、本当にシンプルなメニューばかりでよかったらおススメですよ!

それから新築祝いのプリンターを買いに電気店へ行きます。
面白いことに日ごろ優柔不断で大人しげな友人Nがここぞとばかりに張り切ります!
値段交渉は彼女にお任せ。
人にはそれぞれ向き不向きといいますか、隠れた才能といいますか。面白いものですね。
4人集まると三者三様、いえ、四者四様。誰かがしなけりゃ、誰かができる。といったようにいいチームワークです。
で、帰ってからはバーベキュー。
そこで精を出すのが友人A.
d0236863_7562256.jpg


あれ?家主の見せ所が出てこない。。。

ん~彼女はいつもこんな感じですね。
d0236863_7582618.jpg

そして私はいいとこどりでお肉をたくさん頂きます。Aに感謝。感謝。

d0236863_757221.jpg


そして子どもたちの為に花火。
夏の思い出って感じしますね~打ち上げ花火もたまたま運よく見られてラッキー!
d0236863_7592561.jpg

d0236863_802445.jpg


広島にきて食べてばかりの四日目が終わってしまいました(笑)
[PR]

by il-gelato | 2012-09-02 08:04 |  

レオマワールド


西日本最大級のウォーターランドというレオマワールドに行ってきました。
遊園地とプールそして、バイキングが楽しみ☆

ホテルはレオマの森の和室を予約。夏休みというだけあってキャンセル待ちでした。

1日目の午後はのんびり過ごすことにして、お楽しみは2日目。それでもホテルについてる室内プールや温泉などで十分楽しめましたよ。
かりなはお昼寝なしでプールでたくさん遊んで温水プールでものんびり浸かっちゃったもんだから、お楽しみのバイキングでは、パスタを少し食べただけで寝てしまい、「お~い!!全然もととってないや~ん!」とつっ込む母をよそにビクともしませんでした。。。

こうなったら2人分食べるよ~と悪い癖が・・

でも母の執念で一度部屋に戻り温泉に行く前に起きたカリナをまたバイキングに連れ出すことに成功。
しっかりとお目当てのステーキをごはんにのせて「ステーキ丼」を満喫できましたよ☆

温泉は露天が何種類もあってステキでしたよ~日本は温泉があるから幸せ~

そして2日目。

子どもたちも遊べる乗り物が結構たくさんありました。
4歳のかりなは十分楽しめました。ジェットコースターも興奮して乗ってましたよ。
d0236863_8132997.jpg

3歳のしゅうすけはジェットコースターは早かったかな、これくらいでじゅうぶん☆
d0236863_8144315.jpg

そして1歳のおとねも一緒に乗り物に乗れて楽しみました。
d0236863_8155345.jpg


お昼からは流れるプール!!
何週も何週も流れます。よっぽど楽しいんでしょうね~
全くあがりたがりませんでした。
d0236863_8172592.jpg

かわいい遊具や滑り台のあるキッズプールでもちゃちゃっと一通りこなしたらやっぱり流れたがりです。
d0236863_8183675.jpg

でもたくさん泳いで大分潜れるようにもなったしよかったね~
d0236863_8194723.jpg

プールの中に温泉もありましたよ~
d0236863_8205856.jpg


夏休みのいい思い出ができました。
d0236863_8242958.jpg

[PR]

by il-gelato | 2012-08-30 08:28 |  

関門橋と瀬戸大橋をこえての旅

  すっごくお久しぶりのブログ再開です。
日本にいる間妹のPCを使っていましたが、遅くて遅くて・・・そんで放置してました。。

2ヶ月の夏休みを日本で過ごしいろいろ楽しんできたので紹介します。

まずは短大の親友宅へ。
年に1度くらいしか会えない私たち。九州から広島へ5時間かけて運転してゆきます。
お友達と交代で。
ETCのおかげで随分安くなりましたよ~1人2000円くらいで行けちゃいます。
新幹線だと8,000円って言ってたかな。

九州と本州をつなぐ関門橋、きれいにライトアップされてステキです!
って、このときに運転中だったため写真がありません・・・

そして次の日1泊旅行で香川県にゆきます。
本州と四国をつなぐ瀬戸大橋。
イメージよりは地味だったな~でも関門橋より長い!

d0236863_83453.jpg



さあ、香川県といえば名物さぬき饂飩
堂々ランキング1位 山越うどんに行ってきました。
かまあげとかけうどんの違いのわからない未熟者でしたが、おいしくいただきましたよ。
でも外だったので暑い暑い・・・
それでも、安い、早い、おいしいの3拍子揃ったすばらしいお店です。
http://www.yamagoeudon.com/
d0236863_864990.jpg

イカ天いりで300円。安すぎでしょ~
d0236863_815418.jpg

かりなはお水運びをがんばります!すべてセルフです。
d0236863_817327.jpg

[PR]

by il-gelato | 2012-08-24 08:23 |  

フライト

今年の夏休みは日本に帰ることに決めてフィレンツェにいる友人達からは「え~!!もったいな~い!」
と言われながらも、親孝行をしに帰ってきました。
確かに冬には本帰国するんでもったいないですよね。。。

その前からパパは風邪をこじらせ私達が帰る日にはなんと39℃にあがりなんだかと~っても申し訳ない感じでした。
それでもスーツケース4つも持って帰るので、がんばって送ってもらい別れ際はかりなと一緒にウルウルしてました。。。
かりなももうわかるようになったんだな~

かりなは1歳で初めて飛行機に乗ってからもう6回目の長いフライトです。
もう慣れっこのようで、フィレンツェ~ミュンヘンの間は離陸の時には自分でお水を飲み(耳がキーンってなるのを防ぐため)
「ママねちょくきん、ついたらおこして」
と言ったかと思うと、本当に着陸まで寝ていてくれました。

ミュンヘンは初めて使った空港でしたが、着いてバスで5分くらい移動して降りたらANAの日本人スタッフが親切に搭乗口を案内してくれたので、方向音痴の私でも迷わず行けました。
まあ、あのわかりやすさで迷う人はいないでしょうね。

そんで、ドイツといえばビールとウインナーなんで、空いた時間に味見です!
d0236863_22413074.jpg

d0236863_22422146.jpg


待ち時間も2時間半だったので丁度よくって子どもと一緒の人にはすっごくよかったです。
遊ぶ場所もありましたよ。
d0236863_224347.jpg


そんでミュンヘン~成田では夜間飛行だったので、離陸して夕食をいただいたらもう寝てました。
でもやっぱり個人モニターの飛行距離や時間とかの画面を見てましたよ。

そんで着陸まではずっと寝てました。
なんて楽になった事でしょう。

おかげでママは映画を4本も見れてゆっくり過せました。

そんでもって問題の成田です。

台風の影響で福岡まで帰れるか心配でした。
案の定欠航が決まっていた便がたくさんあり、人がごった返してます・・・

やっぱりね。
たいがいついてないのですよ。。。乗り物運。
日本に来れただけでもヨシとしましょう。
日本語がしゃべれるだけいいです!


恐る恐る「福岡は~?」
と尋ねてみると


「通常どうり運行です」

「ですよね~」

 ???

「あっ。今なんて?」

「通常どうりです」と笑顔で対応してくれます。

この笑顔が本当いいです。日本はサービスが違いますね。「お客様ありがとうございます」という心が伝わってくるようです。


福岡までは台風の影響で結構ゆれていましたが、かりなはやっぱり最初から最後までねてました(笑)
[PR]

by il-gelato | 2012-06-21 22:48 |  

venezia 

日本からお友達が遊びに来てくれたのでベネツィアに旅行にいってきました。
フィレンツェから特急電車で2時間。ネットでminiというチケットで半額で買えちゃいました!ラッキー

10時発なのに9時には家をでます。
朝マックが行列だったとしても焦りません!
駅に10分前に着くという余裕さ!なんてすばらしい。しかもチケットももう買ってあるし~時間に余裕があるってス・テ・キ!

車内にはテーブルもあってお絵かきしたり、お菓子食べたり快適に過ごせます。トイレだってキレイです。
d0236863_19541985.jpg


あっという間にベネツィアに到着。駅の前にはもう運河が見えますよ。あいにくの雨ですが、カッパも傘もあるもんね~準備万端です!
さっそく地図を購入して、お昼ご飯のトラットリアに向かいます。

ベネツィアの移動手段はバポレットという水上バスが便利です。
一回6.5€で60分間  12時間で16€  24時間で18€  36時間で23€です。
バポレット
d0236863_2001473.jpg

d0236863_20162688.jpg


向かうはリアルト橋
多くの観光客で賑わっています。
d0236863_2014812.jpg

トラットリアはこの橋のすぐ近くのはず。小道ばかりのベネツィアは必ず迷子になるでしょう。
私たちもさっそく迷子??
でも、地図と、道の名前を見比べてなんとか着きました。本当に橋のすぐ近くでした。な~んだ。

魚介のリゾット
d0236863_20195736.jpg

名物クモガニのサラダ
d0236863_20243944.jpg

ベネツィアといえばコレ  イカ墨のスパゲッティー
でも、麺が細かったし、サラサラソースでした。
d0236863_20262320.jpg

スパゲッティーボンゴレ
d0236863_20273770.jpg

イカとエビのフリット  このイカがすっごく柔らかくっておいしかった~「コレおいしいじゃん!かりなイカすきになった!」byカリナ
d0236863_20285177.jpg

店内の様子
観光客がとっても多いんだろうな~すっごく広い店内で、日本語メニューもありますよ。
d0236863_20304063.jpg


伝統あるベネツィア料理専門のトラットリアで、イタリア語や英語のできる方は並んである魚をみて、料理の注文もできるそうです。
そして、サービスがとっても良かった!カリナ用のリゾットをママが一口ちょうだ~い!ってもらってるのを見てサービスで少し出してくれたんですよ。
じゃあ、作りおきしてるのかい?ってつっ込み入れたくなった方はこのお店は向いてないかも。確かに上級者向けではないけれど、私たち一般人には量も、味も、お値段も大満足でした。
だって、パスタは10€とかで食べれるし、量がとっても多い!
かにのサラダは本当においしかったし、カメリエーレのおじちゃんたちも愛想がよい!
うん。うん。いいトラットリアでした。

カーネルおじさん似のカメリーレのおじちゃん。
d0236863_20375078.jpg



torattoria alla madonna
calle della madonna594 TEl041-5223824 休み水曜

お腹いっぱいになったら今度は観光です。

リアルト橋にはたくさんのお店が並んでいてベネツィアングラスも売っていますよ。小さなショットグラスなら8€~ありました。おみやげにいいですね。
かりなはお面で遊んでましたが・・・
d0236863_20435593.jpg

リアルト橋からは歩いてサンマルコ広場に向かいます。
サンマルコまではあちらこちらに目印があるので、迷わずに行けました。徒歩15分くらい。

piazza sanmarco
広場の正面にはサンマルコ寺院があります basilica di san marco
d0236863_2046258.jpg

鐘楼 campanile 高さ96.8M(フィレンツェのク-ポラと同じくらい)エレベーター6€で頂上まで昇れて町と運河を見渡せるそうです。
d0236863_20493487.jpg


そして、ベネツィアといえばゴンドラ~
お値段一艘150€。これはcanal grandeカナル・グランデという大運河まで乗せてくれる場合で、そうでなく小さな運河だけを乗せてくれるものは100€くらい。事前に値段交渉をする。
とはいうものの、やっぱり高いな~6人までは同じ値段らしいので、一緒に乗ってくれる人をちょっと探してみましょう。
けれど、ツアーばかりでなかなかいないな。
仕方がない。100€で手をうちましょう。
乗り場はいたるところにありますよ。
ゴンドリエーレのおじちゃんが愉快に歌を披露してくれちゃって、気分もサイコー。いつのまにかお天気もよくなってるし、かりなもご機嫌だし、お友達も喜んでくれてるし、来てよかった~!!
d0236863_2143924.jpg

d0236863_619260.jpg

溜息の橋   牢獄に繋がっていて、この橋を渡ると2度とこの世に戻って来られないといわれ、この橋の小窓から溜息をついたという逸話が残っているそう。
d0236863_6221726.jpg


楽しいゴンドラも30分くらいで終了。

本当いい気持ちでした。

つぎは1720年創業の歴史あるカフェに行ってみます。
ゲーテやカサノヴァが常連だったそうです。
外で開放的に楽団の音楽を聴きながらのんびりするのもいいけれど、内装がステキだったので、ソファーでゆっくりくつろぐことにしました。
店内
d0236863_633126.jpg

フルーツのタルト   13€(1500円くらい)
d0236863_6342827.jpg

チョコレートのパフェ  15€
d0236863_6354061.jpg

これはかなりの贅沢でしたが、ベネチィアに来たら行ってみたかったというお友達のリクエストにお答えして。そしてかりなが食べたいといって頼んだパフェは食べれずに、最後まで寝てるっていうなんとも残念な子。
もちろんママが全部頂きました。
d0236863_6371854.jpg


ここで時計は5時を過ぎていたので、そろそろお買い物をして帰る事を頭に入れとかないと~
かりなは寝てるのでおんぶです。
行きたかったベネツィアングラスのお店がなかなか見つからず、ちょっとした迷子に。。。
ならばもう諦めて他のお店を当たります。
サンマルコ広場からリアルト橋周辺にはたくさんの商店街がお手ごろ価格でありました。
私もお土産を買いたいな~と見ていたらかりながやっと起きてくれ「ママ~トイレ~」と。
仕方ない。お友達を残し、トイレをさがします。迷子にならないように必死です!
トイレを済ませもとの道を戻っていくと鐘の音が。。。さっき5時だったけん、6時か。

と、思ったのがこの旅の最高にして最悪の出来事の始まりでした。
お友達のところに戻りそこからフラフラウインドーショッピングをしながらサンマルコ広場に向かいます。

時間に余裕を持ってバポレットに乗って駅に向かうはずでした!
ところが、ところが、パソコンをうつこの手が今もナオ震えるほどの恐怖がこの後起こるとは・・・・

ちょいとかりながわがままを言ってみたり、写真をとりながらのんびり歩いていて、バポレット乗り場に到着。2番が少し離れていたのも今となってはおかしな出来事で・・・

乗ろうとしたら目の前でバスが行ってしまい、次のを待つこと5分。
降りる場所を確認したら名前が載ってない。。係りのお姉さんに駅に行きますか?と尋ねると行くよ。というので、合ってるんだと思って時間を見てみると6時45分
??
アレ??
アレ?アレ?あれ~~~~^~
嘘でしょ、嘘でしょ、何で45分なん?さっき6時やったやろ??15分じゃないの~??
一気に血の気が引いた。
そして、気が遠くなった。。
立ってられなくなり頭が真っ白に。

本当にこんな事ってあるんだね~小説やドラマの中だけでなく、実際にこの身に起こるとは。。。
神様助けて~

だ、だ、だ、大丈夫。30分かかったとしてもギリ間に合うもん。電車は19時27分発だから。落ち着け~落ち着け~
ささささ、バスがやってきましたよ。
みなさんさっさと乗ってくださいよ。も~ドッキドッキです。今もまたドキドキしてきました。
はい、出発!いそげ~

。。。


。。。。。



。。。。。。。。。。。。



どうした?何が起きてる??





そっちじゃな~~~~~~~^い!!




まさか、まさか、こんなときにまさかの逆送~~!!



嘘でしょ。嘘だと言って~


「ちょっとお兄さん、私たち駅に行きたいんだけど。」

係りのおにいさん「いくよ」
私「よかった~何分で?」
お兄さん「15分」

な~んだ、よかった~余裕じゃん。

でも地図をみると明らかに大回りしてるんだけど・・・
15分??45分?15分?45?15?45?
ぎゃーギャーギャー45分って言ったかも~
「あの。何分って言いました??」
「45分」



「すすすすすすすすうすすすみません。わたしたち6時半の電車に乗らなくてはフィレンツェに帰れないのです。」
兄「はあ?何言ってんの?もう7時すぎてるよ~無理やろ。」
私「あああ6時ではなく7時27分でした。」
兄「無理だね。間に合わないよ。」

私「そんな~だったら下ろして、また逆送しますから~」
兄「いいから危ないからのっとけ。」
そんな~嘘でしょ。間に合わせてくれるのかい?
神様~!助けて~!

この間の40分の長いこと、長い事、神様にずっとお祈りしながら、1分、1秒無駄にできないこの間、あたふたあたふたうろたえて、お友達は大丈夫!大丈夫!とかりなの面倒を見てくれて。も~生きた心地はしませんでした。
写真も1枚もとれないまま。
間に合うのか、間に合わないのか。どっちだ~

駅の1つ前の停留所で、まさかの5分待ち。
私「走った方がいいですか?」
兄「のっときな」
マジ?そればっかやん!!も~
この5分がまた長い事長い事。早く出発して~~

只今25分あと2分。


駅に着きました!

だっしゅ~=








はあはあはあはあ







ない。いない。

電車はなし。


時計の針は30分をさしてます。

私「もうフィレンツェ行きの電車は行っちゃいましたか?」
係りの人「いったよ」




どどどどどどおどどっどおどどおどおどどーしよ~


間に合わなかった。。たった3分。間に合わなかった・・・

私たちどうすれば?
係「明日までないよ」
「。。。」

19時台が最終です。そんな早くに終わらんでも~
係「ボローニャまでならあるよ」
私「そのあとは?」
係「ないよ」
私「バスは?」
係「知らない。タクシーがあるんじゃない?」
タクシーってフィレンツェまで電車で1時間くらいかかるのをタクシーで帰れと??鬼~

係「とりあえずビリエッテリアに行きなさい」

とぼとぼとぼ

もうなにが何だかわかりません。。。イタリア語ももう遠くから聞こえる
私の頭の中がキャパオーバーだと言ってる気がする。

でも、小さなわが子も、見知らぬ土地で不安気な友達も、私が守ってやらねば!!

私「乗り遅れましたが、どうしたらいいのでしょう」
係「どうしたいの?」
私「ボローニャまでビリエット(切符)ください」
係「あしたの朝8時に電車がでるからそれに乗れば帰れるよ」
私「いえ、ボローニャまでください」
係「・・・。。。。・・・・。。。・・・・。。。・・。・。。・・。・・。・・。・・。・」
何をおっしゃっているのかわかりません。

もう泣きたい。

そうだ、お友達に電話しよう!
困った時はちえさんだ!(とっても頼りになる心強いお方)
そしてちえさんと係りの人に話してもらって何とかボローニャまでのビリエットを買い、使う事のできなかったはじめのビリエットは20%は戻ってくると言ってたらしいのですが、さすがイタリア、ネットも、電話もメールもダメ。今でも返信はございません。でも、そんな事もう大したことではありません。80€くらいふふ~んだ。
ボローニャまで2時間

長い。

これまた長いぞ~

ボローニャからフィレンツェまでの電車あるのだろうか??

お友達への罪悪感といったら半端ないですよ。何度謝っても足りません。
どうして、こんな事に。

あの時すぐに逆送してたら?
いや、乗り場を間違わなかったら?
いやいや、のんきに写真を撮らなければ?
いや、いや、いや、時間の確認をしていれば?

も~後悔してもしてもし足りません。後から考えるとあーしとけばよかった!と思うことばかりで。

ボローニャに着いてやはりフィレンツェまでの電車はなく始発が朝の5時なので、それで帰ることにしました。もうビリエットも買っときます。

日曜日の22時はガラ~ンとしていて寂しげなボローニャ。
駅のマックの光が勇気づけてくれます。

かりなは大好きなポテトを食べれて嬉しそう。
ママは食欲なんて全くありません。

さあ、ホテル探しです。

それにしても暗いなあ。寂しいな。アーケードもポツンポツンとしか人がいません。
ちょっと怖いな
何人かの人に聞いてみても、高いホテルしかないよ~って言われ、もういいや。と思っていたまさに
そんな時に天使の声が!!
心配したちえさんがホテルを探して教えてくれました。
まさに天使!神様!仏様!ちえさま~!
うろうろ歩いて怖い思いをさせちゃってごめんね~
駅のすぐ近くで探してくれました。

このホテルがなかなかいい3つ星ホテルで、たった4~5時間の滞在がもったいないほど。朝食もビュフェでおいしそ~でした(こんな事考えれるようになったって事は少し落ち着いてきたな私)

お部屋はとってもキレイ。バスタブはなかったけれど、すごく落ち着いて疲れがとれちゃいました。
本当にちえさんありがとう!
そして、お友達も不安にさせてごめんね~
カリナもポテトでつってごめんね~

明日の朝は4時起きです。

あっ2時半にTELで起こされました。パパに。

「ママ~今ボローニャかい?楽しんでね~」

なんてポジティブな人なんでしょう。
d0236863_841677.jpg

d0236863_853271.jpg

帰りの電車は寝台のようなものでまあまあ落ち着いて寝れました。
d0236863_871996.jpg



旅にトラブルはつきものですが、どうしていつもこのような結果になるのでしょう?
そして後悔して、次こそはと決意し、また何かやらかすんですよね。

それでもまた旅行したいなと思うのは何なんだろ??

家に帰ってホッとする。
この小さな家でも愛着のある我が家ってことか。


あやこごめんね~!(実はローマですられた時も一緒にいて散々迷惑をかけてしまった1人がこの子です)
ちえさん本当にありがとう!

かりなお菓子いっぱい食べれてよかったね。

イタリア語勉強しとけばよかったな~
[PR]

by il-gelato | 2012-05-14 21:17 |  

ロンドン 最終日

今日はロンドン最後の日なので、お土産を買うのに徹します。

と、その前に1つ問題が。。
梶原家はいつも何か足りないものがあります。
ピサ空港からフィレンツェまでのバスを出発の前日にネット予約したパパ。
前日の夜中にしたものだから、プリントアウトできずに、そのまま来てしまいました。
「このページをプリントしてほしい」とホテルのフロントに尋ねたら「できない」といいます。
なぜだ??プリンターはあるのに。。。
英語が通じてないのだろうか。
パパ曰く「このページをデスクトップなんかに張りつけといて、運転手に見せればいいんじゃない??」
と。なので、そうしようと試みたのですが、それもできずに時間だけば過ぎていきます。
もういいや、なんとかなるでしょう。イタリアにかえれば。だって、イタリアだもんね。

という前向きな姿勢で、残り時間を楽しむ事に。

まず向かったのはロンドンの 老舗高級デパートといえば、ココ。

harrods
87-315 b路mpトンRd,SW1X7XL  TEL0207730-1234 10:00~20:00無休

ホテルからバスに乗って向かいます。
ナイツブリッジ下車
降りたらすぐわかりますよ。
d0236863_654856.jpg
途中、スタバのお兄さんが小さなカップでサービスしてくれていたあったか~いカフェラテをカリナが気に入って初コーヒー。
d0236863_642520.jpg
1人で全部飲み干しました。

ハロッズでのお目当ては何といっても紅茶。
本当は紅茶の専門店に行きたかったのだけど、皇室御用達とのことで、そこまでの予算はありません。

1Fが、お土産、食材コーナーのようです。
入ったらすぐに、ブランドコーナーですが、そこを抜けたら、観光客がワッサーといるので、わかると思いますよ。チョコレート、ビスケット、コーヒー、紅茶、お人形、どれもハロッズブランドで、観光客気分100%です。
しばらく悩んだ結果、無難にイングリッシュブレックファーストと、アールグレイにしました。そして、クッキーはあのクロテッドクリームのもを購入。味が楽しみです。

店内をいろいろ見てまわり、さすが富裕層のお客様がくる所だな~と実感。あらゆるものが高級感たっぷり。

ささ、一般庶民は次の場所にさっさと移動します。
で、さっきのスタバの前を通り、もちろん寄ります。
そして、ママ&カリナは2階で待ちパパはさっきと同じテイストのものをグランデで購入。ママには何も聞かないで、きっと怒られると思ったのでしょう。
そんなにカフェインとってもいいのでしょうか??
コーヒーの飲めないママはおわずけ状態。。。かりなの事ばかり考えているのでしょう。

それから、リージェントストリート通りに行きます。
帽子、マフラー、お洋服を見て、かりながホテルに戻りたがるので、一旦戻ることに。
そのうちに、バスの中で寝てしまったカリナ。
バス停から、ホテルまでカリナとおみやげを持って歩くのは面倒だと思って、パパだけ、ホテルの最寄で、降りてもらい荷物を持ってきてもらうことに。
で、ママ&かりなは駅にいくバス停で待ちます。
待ってる間もかりなの重いこと、重いこと。寝ている17キロはマジきつい。。
腕に下げてたデジカメすら重くなり、ハロッズのお土産買った袋に入れちゃいました。

って、コレが、のちのちの大事になろうとは、この時は夢にも思いませんでした・・・・。


ビクトリア駅までのバスが結構時間がかかり駅に着くと空港まで乗せてってくれる、バス(terrevision)
の出発時間まで1時間半くらい。

ビクトリア駅の構内を通って、少し離れたterravision乗り場に向かいます。場所の確認のため。
そして、遅くなった昼食を軽くパニーノで済ませます。
パパ&カリナが食べてる間にママはお世話になったオイスターカードのリファウンドをしに、またビクトリア駅に戻ります。
すると、長蛇の列が。。。間に合うのか?間に合わないのか?さっき通ったのに~と、悔やまれます。。。

何で、こんなに並んでんのよ~!!しかも、窓口が1つ閉まり1つしか開いてないし・・・。のこり15分となり、もう諦めてパパかりなの元に戻ることに。
あ~あ~10£戻って来るはずだったのに~
と思いながら、走って戻ると、
「お疲れさま~」とか、言ってくれるのかと思いきや、、「ママ~遅い!!かりなピッピに行きたいのに~」と、怒られちゃいましたよ。
「行けばよかったやん!」というと、行けるわけ無いやん!こんなに荷物があるのに~。と。
それも、そうよね。小さなスーツケース1こと、ボストンバック1個、バックパッカーなみのリュック1つ。お土産などなど。
じゃあ、急いで行って来て~とおくりだすと、5分後血相を変えてパパカリナが戻って来ましたよ。
パパ 「ママ!大変!出発場所ここじゃないばい!これの裏側!」
まま 「え~!マジ?急がなくっちゃ!」
それから慌てて走ります。たぶんこっちのバスなんて、切符買っておいても、時間になったら平気で見捨てて行くでしょう。
ハーハーゼーゼー言いながら、やっと着きました。
そして今度はカリナのピッピ。トイレはどこだ~??パパはまたまた走ります。カリナを抱っこして。
バスの係りの人が運よくイタリア語が話せたので、ちょっと待っててと伝えると、大丈夫だよ~と。
どんどん人が来て、現金で払ってる人もいました。なんだ、現金でもいけるんじゃん。

結局トイレを探せないまま戻ってきて、切符係りの人に尋ねると親切に教えてくれました~
初めっから聞けばいいのに~

私たちを待っていてくれたバス、結構親切でした~そして、1時間半かけて、スタンステット空港に行きます。

空港について、パスポートチェック、荷物チェックを済ませ、空港内で、お買い物をしつつ、そんなにお腹はすいていなかったのだけど、フィレンツェに着くのが0時なので、ここで、何か食べとくことに。
さっきパニーノを食べたので、パンは嫌だ~とダダをこねる人が。
パパです。
結局、回転寿司に入りましたよ。しかも、もう40分くらいしか時間がないのに、大しておいしくもないお寿司を食べて、掲示板に私たちが乗る飛行機のゲート番号が出たので、慌ててお会計を済ませ行ってたら、

パパ「ママーお土産の袋は??」
ママ「しらんよ~パパもっちょんのやない?」
パパ「パパしらんよ~ママやろ?」
ママ「え??」
ない。。。

ママ「あ~さっき手荷物検査のところのテーブルの上に置いたまま、カリナのブーツとって、履かせたりしてるうちにもらってくるの忘れた~パパ!とってきて~!!」

走って行ってたけど、掲示板にもうゲートが開いてると出たので、「もうあきらめるよ!」とパパ。「え~!やだ!とってきて~!」とお願いするママ。
でも、1度飛行機に置いていかれた過去をもつパパは絶対嫌だ!と、もう諦めて、ゲートに向かいます。走って、走って、結構遠い。。。かりなも必死で走ってますよ。
で、やと付いたらそこになが~い列が・・・。これはもう3人並びの席は無理だな~と思いながらも、忘れてきたお土産たちが悔やまれてなりません。
だったら、今度はなかなか登場できずに、トラブルがあったようで、そこで20分近く並んで待ってましたよ。
こんなことなら取りに行けたやん!!

なんだか一気に疲れちゃって、涙もチョチョ切れながら、飛行機の中で寝てしまってたら隣でゴソゴソ何かを探しているパパ。
ママ「何してんの?」
パパ「デジカメどこ?」
ママ「どっかのバックの中にあるやろ。何を撮るん?」
パパ「いや~ママとカリナがあまりに疲れた顔で寝てるから撮ろうと思って。」
ママ「そんなんとらんでいいけん、デジカメ探して~」
パパ「ないばい」
。。。

。。。。

。。。。。


あ‘~!!!!!!


嫌だ!いやだ!イヤダ~!!!


おみやげの袋に入れたままでした。


もう泣きます。チョチョ切れどころではありません。本泣きです。

こんな時以外い冷静なパパ「大丈夫よ~お土産だけなら捨てられるかもしれんけど、さすがにデジカメは捨てないやろ、なんとかなるさ。」

ママ「も~やっぱりパパが取りに行ってたらよかったやん!!」
パパ「デジカメ入ってたって知ってたら行ったよ!」

もう、もおう、もおおおおパパのせいやん。
ですよね?皆さん。

帰りの飛行機の中はどんよ~リ空気

ピサ空港に着きました。あっ、ここで、もう1つ問題があったんやった。バスのチケットプリントしてない。運転手さんに直接行ってみますか。
と思ったら、なんと、ココにもterravisionのカウンターがありました!どこの空港にもあるんだねきっと。しかも、前もってネットで、買わなくても良かったみたい。しかも、しかも、5歳以下はタダなのに、なぜかかりなの分も払ってます。パパらしい、ちゃんと読まないから。まあいいけど。
で、訳を話すと、ネットで確認してくれて紙にサインをしたものをくれ、それを運転手に渡すように言われました。
そうして、無事フィレンツェまで帰ってこれました。人間は。
家に着いたら、デジカメのケースと、充電器だけが空しくあります。おみやげも写真の1つもない、ロンドンに行った思い出が何も無いという現実が心に深い傷を残し眠れない夜を過ごしたのでした。。。


今回の旅の反省点
時間に余裕をもちましょう。
スーツケースをケチらずに持って行きましょう。
換金は前もってやっておきましょう。

でも、ロンドン自体はすごく都会で、見るもの、遊ぶところ、食べるものが充実してて、本当にステキな街でした。また行きたいくらいです。


最後に、この次に日スタンステッド空港に連絡したら、お土産はあるけど、デジカメはない!とあっさり言われ、しかも郵送なんかしないから、取りに来てくれと言われ途方にくれたものでした。

そのまた何週間か後にお友達に連絡をとり、親切にもあるかわからないのに空港に取りに行ってくれました。だったら合ったんです!デジカメが。そのまた何週か後にお土産を送ってくれ、デジカメはリチウムがひっかかるからと、空輸ができないらしく、それでも、ダメもとで送ってもらい、やっとこさ手元に戻って来てくれたのが、約2ヵ月後。

諦めないでよかった~やっぱりショッピングバックに入ってたんですよ~持つべきものは親切なお友達です。本当に感謝。感謝。ありがとう!


楽しい、ドタバタロンドン旅行記でした。
[PR]

by il-gelato | 2012-03-23 18:38 |  

ロンドン 4日目 午後~

 昼食を済ませたら、観光に行きます。

ロンドンは見るものがたくさん!!それに、交通の便がいいから、バスや、地下鉄でどこへでも行けちゃいます。
これからは有名な建築物を見に行きますよ。

シティーホール
d0236863_7424230.jpg

タワーブリッジのすぐそばで、1フロアーずつ斜めにずれたフォルムがおもしろい!中はロンドン市庁舎

タワーブリッジ
d0236863_7485998.jpg

ロンドンの顔ともいえる跳ね橋。今でも橋げたを1日数回可動させているそうで、観光客が多い。
10:00~18:30 無休 大人7£(エレベーターで昇ります)歩くだけはもちろん無料。
橋の上の様子。
d0236863_7575934.jpg

丁度ここで、橋が割れます。
d0236863_843659.jpg

残念ながら、私たちがいたときは橋は動かないままでした。。。


こちらは世界遺産のロンドン塔
d0236863_7592826.jpg

こんなにキレイなお城のようでも、実は王宮や、貴族の処刑場。中庭には今も幽霊がでるとか。
中には世界最大級のダイヤ530カラットアフリカの星が展示されていて、一見の価値ありだそうです。
お城の周りは塀で囲まれています。1066年からあるそうです。
d0236863_17593344.jpg

9:00~17:30
大人17£、子ども9.5£ 無休  tower hillタワーヒル駅から徒歩2分

それでは、地下鉄に乗って、今日のメインイベント。ウインターワンダーランドに向かいます。
d0236863_8123855.jpg

回数券のようなものを購入して、乗り物に乗る前にそのつど係りの人に渡します。
これは巨大滑り台。クルクル回って降りてきます。これで、4ポンドだったかな~
d0236863_819751.jpg


そして、お目当てのアイススケートに向かったら、なんともう


締め切りでした。。。

こんなオチが待っていたとは。。ガッカリです。。。さすがでしょ。

もうこうなったら乗り物に乗りまくりです。
この時のパパのセリフ「もう、金に糸目はつけないぜっ!どんどん乗りな!」
ってことで、現金引きだして100£使ってしまいましたね~
d0236863_8211523.jpg

ブランコだけの観覧車。パパはこれが1番怖かったらしい。かりなはどこでしょう??
d0236863_8232893.jpg

d0236863_8244593.jpg

お腹がすいたらパニーノに、ビール。お土産コーナーもいろいろありましたよ!
そこで、今夜のアンラッキー2つ目はデジカメのバッテリーが切れるという、半分以上も撮れませんでした。。。

でも、かりなが結構怖がらずにいろいろ乗れて楽しんでいたのでヨシとしましょう。23時ごろまでたくさん遊び、帰りはわりとホテルに近かったので、歩いて帰りました。

ウインターワンダーランドはクリスマスの時期だけできる仮設遊園地で、ハイドパーク内で1日中楽しめます!(知らず知らずのうちに、結構お金を使っちゃうと思いますよ)でも、大人も真剣楽しめます!

そして、ロンドン最後の夜はホテルでケンチキ(ケンタッキーフライドチキン)を久しぶりに食べ、その塩辛さに驚き、お水が足りなく、仕方なく水道水を飲んでみて、やっぱり出してしまったという、思い出でした。


ロンドン 5日目につづく。。。
[PR]

by il-gelato | 2012-03-14 08:37 |  

ロンドン 4日目

12月22日 2011(木)

今日のメインはクリスマスのこの時期だけできる仮設の遊園地に行って、アイススケートに挑戦です。3歳の子はできるかはわかりませんが行ってみます。

でも、その前に最後の観光です。
ロンドンのバス2階建てで、キレイです。でも、「次の停留所は~なんて親切なアナウンスはありません(笑)」
d0236863_18413418.jpg

横断歩道のボタン
d0236863_18455096.jpg

1981年にチァールズ皇太子と、故ダイアナ元妃が結婚式を挙げた事でも有名なイタリア、ルネッサンス様式のドームをもつ。セント、ポール大聖堂
d0236863_18472579.jpg
d0236863_18492511.jpg
d0236863_18555579.jpg

 St.Pau’sセントポールズ駅から、徒歩1分
8:30~16:00大人11£、子ども3.5£ 展望台から見えるロンドンの風景は圧巻だそう。

ミレニアムの年に建設されたミレニアムブリッジ
d0236863_1913343.jpg

d0236863_1945857.jpg


テートモダン
d0236863_1971574.jpg

d0236863_199423.jpg

d0236863_19103519.jpg

d0236863_19121143.jpg

映像や、光、音を駆使したインスタレーション・アートを取り入れたロンドンで、最も注目を集めている美術館の1つ。ピカソ、ミロ、ダリ、など20世紀の巨匠たちのコレクションが充実。

tate modern
Bankside,SE1 TEL02078878888  10:00~18:00(金、土22:00まで無休、無料
southwarkサザ-ク駅から徒歩10分

バラ・マーケット
d0236863_19202254.jpg

d0236863_19221632.jpg

出来立てミートパイ5ポンド
d0236863_1932018.jpg

中はこんな感じ。
d0236863_19252560.jpg

オーガニックのフレッシュジュース3ポンドその場で作ってくれます。
d0236863_1928258.jpg

う~ん、おいしいじゃん♪
d0236863_19301232.jpg

野菜は全てオーガニック
d0236863_19334944.jpg

d0236863_19374212.jpg

マーケットの様子
d0236863_19392493.jpg

コレ知ってますか?ラクレッテといわれるスイスのチーズの種類なんですが、コレを半月判に気って熱する機会に乗せ、焦げてトロトロになったところをふかしたおいもや、パンに乗せ食べます。
d0236863_1942224.jpg

チーズがこんなにとろけます。でも、早く食べないと、チーズが冷めたら固まっちゃって重たくなりま~す。
d0236863_19442014.jpg

昨日買った魔法の杖で、「あったかくな~れ!」と魔法をかけます。
d0236863_19462136.jpg

この他にパニーモもチーズとお野菜で、ちょっと胃が重たい。。。
d0236863_1949142.jpg

隣のサザ-ク大聖堂のお庭で座っていただきます。この後、パパが目の前の暖か~いコーヒーを全部こぼすという大惨事に。。。

borough market
週末の食材マーケットオーガニック食材が充実、地元っ子だけでなく、旅行者にも人気。品質の良さには定評があり、スーパーで買うよりも断然安い。
木曜11~17金曜12~18土曜8~17休み月~水日祝 ロンドンブリッジ駅から、徒歩5分
おみやげの購入にも。
d0236863_195735100.jpg


ロンドン4日目 午後~につづく
[PR]

by il-gelato | 2012-03-12 20:07 |