フライト



イタリアに帰る日は朝からドキドキ。
小心者の私はすぐに緊張しちゃうんですよね~
トイレに何度行く事か。

今回は初めて使うフランクフルトの空港を経由するのでなおさらドキドキ。しかも、待ち時間1時間半でこれまた拍車をかけて緊張します。大きな空港なので間に合うのかな~


夜9時に福岡空港を出発です。友達、家族に見送られ幸せな事ですね。
と、思ったら出発口付近になにやら大勢の人の数

ど、どう、どうしたことなのでしょう?

若い女の子たちが集まってます。

皆さん手には同じような袋をもちよ~く見て見ると  N E S W N E S W S N W N

とイニシャル??

「あ~コレ、NEWSじゃな~い?」
と、友達が。どうりで若い子たちが集まってるわけだ。
コンサートの帰りだろうね。

うん、うん、ジャニーズか。若いな。
30を過ぎてまさかキャーキャー言わないよね、私。


早々にみんなと別れを告げると涙ぐむカリナをよそにちょっとNEWSが気になるママ。

結局NEWSには会えないまま飛行機に乗り込みます。

最新のANA787でかなりゆったりリラックスできます。
個人画面も大きくてタッチパネル。
さっそくアニメチェック。
ドラえもん、ちびまるこちゃん、ディズニー、その他いろいろ。
よしよし、Okだわ。

かりなもタッチパネルを自分で操作して楽しんでます。

d0236863_23483672.jpg

離陸の時はちゃんとお水を飲んでエライエライ。

離陸後すぐにサンドイッチが配られましたがもうその頃は寝てました。だってもう1時です。



そんな感じでママは映画を何本か見終わりそろそろ寝ようと思ったそのとき

パパに頼まれたカボスとゆずと大葉をスーツケースに入れたか、いや、入れてないか。ん?


気になって寝れない。



たぶん入れてないな。。。


結局12時間一睡もできずにボーとしてました。




そんなこんなで朝方トイレに行きたくなって寝てるかりなをどうしようかな、


何度かCAさんにみててもらってトイレに行ったのですが、あんまりお願いするのも申し訳ないので

すぐ後ろだしいっか。と思って置いてくことに。


すると、丁度そのときに運悪く機内放送が・・・





やべ、起きるのか・・・





慌ててトイレを済ませようとしたその時



「ママ~!ママ~!」


とやっぱり起きて泣いてます


戻ってみると知らない外人さんがなだめてくれてました(汗)


も~こんな時に機内放送せんでよね~


涙でいっぱいのかりつんでした。

ごめんよ~

だってトイレすぐ後ろだったんだも~ん。


やっぱり1人にするのは危険でした・・(笑)


さて、フランクフルトに着きました。

さすが定時着世界1位のANAです!30分も早く着いてくれたので、余裕です。

飛行機を降りるとこれまたすぐにわかりやすく日本人のスタッフが居てくれてどういけばいいのか教えてくれました。


登場口は案外近くてそんなに長い事歩かなくてよかったので、飛行機を眺めながらちょっとお茶してます。
かりなはお友達がお利口に乗っててくれるようにと福岡空港で買ってくれたプリキュアのシールでおとなしく遊んでます。
d0236863_23343946.jpg

d0236863_23355577.jpg


なんだかのんびりしっちゃったな~とふと時計を見るとあっという間に15分前。

おおおっ急がなくっちゃ。

搭乗口までダッシュです。

トイレに行く時間もないままバスに乗り込みました。

でもみんな以外とのんびり~なかなかバスは発車しません。
降りてトイレに行こうかな~でも、もう一回チェックインしっちゃったから私たちは乗ってるものとして、置いていかれっちゃったら怖いもんナ。

飛行機に乗るまで我慢しよ。心配なのはかりなだけどな~大丈夫かな?
でも促さん方がいいもんね。

と、いろいろ考えてるうちにようやく出発です。

ルフトハンザに乗り込んだらやっぱり離陸と同時に寝ちゃったかりなです。

トイレ~

2時間弱我慢です。


そうしてやっとフィレンツェに着きました。


スーツケース4つちゃんと受け取りました。


ほっ


前回1つパリで泊まっちゃったもんね。


4つのスーツケースをカートに乗せてその上にどうしても乗りたがるかりなを乗せてパパの待つ出口に向かいます。


ちゃんと迎えに来てくれてたパパを待っていたのはニコニコのカリナとカリナを抱きかかえた瞬間、パパの足に落ちてきた23キロのスーツケースの痛みでした・・・(笑)





あっ私を寝かしてくれなかったゆず達は奇跡的に持ってきてました!
[PR]

by il-gelato | 2012-09-11 23:53 |  

<< 図書館に行ってきたよ&ピッザづくり 短大時代の仲間たちと >>